オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方必見、瓦屋根のメリット・デメリット


これからの時期、雨が降ることも多いですし、屋根瓦のメリット・デメリット、種類と特徴について理解しておきましょう。
それにこれから家を購入するといった方で屋根を瓦にしようと思っている方がいましたら、是非参考にしていてください。
セメント瓦
屋根瓦のメリット・デメリットについて

屋根瓦のメリット・デメリットについてお話していきます。

屋根瓦のメリットについて
・耐久性に優れている
・デザイン性が豊富
・補修を行う際に部分的に拭き替え工事を行うことが出来るのでとても便利
・粘土系の瓦に関しては自然素材であることから夏は涼しくて冬は暖かいという特徴がある

屋根瓦のデメリットについて
・耐震性に欠ける
・台風が起こってしまった際に瓦が落ちてしまう危険性があるので危ない

屋根瓦の種類と特徴について
釉薬瓦
釉薬瓦は瓦の表面に釉薬を塗って造ったものになっており、別名で陶器瓦とも呼ばれています。
豊富なカラーが揃っており、自分の好みの家のデザインに合わせて選ぶことが出来るので理想の家にすることが出来ます。

無釉瓦
無釉瓦は釉薬を塗らない瓦となっています。
無釉薬瓦にはいぶし瓦・素焼き瓦といった物があります。無釉瓦に関しては耐久性に少し劣ってしまうというデメリットが存在しますが、デザイン性に優れているといったメリットもありので古くから多くの方に愛用されています。

セメント瓦
セメント瓦は成形の制度がとても高いことが特徴として挙げられます。
デメリットとしては経年劣化を起こしやすいので色が変わってしまったりするので定期的にメンテナンスを行う必要があります。

まとめ

今回は屋根瓦のメリット・デメリットについて、そして種類と特徴についてお話ししてきました。
屋根瓦は耐久性に優れている・デザイン性が豊富といったメリットがありますが、耐震性に欠けていたり、瓦が落ちる危険性があります。

大津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181