オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方必見、屋根の塗装で使われる足場の種類


660930_s-1
屋根の塗装で使われる足場についてはあまり知られていません。
見積もりには足場代という名目で記載されることがありますが、色々な種類の足場があります。
足場は屋根の塗装を行う上でとても重要なものです。
ここでは屋根の塗装で使われる足場の種類について紹介します。

足場の種類①:クサビ足場について

クサビ足場は現在、主流となっている足場でよく使われています。
クサビ状の鉄の網が使われている踏み板を使っているため、広く安定した足場となっています。
組み立てやすかったり、解体のしやすさかったりする利点があり作業効率が高い足場ですが、費用が高いといったデメリットがあります。

足場の種類②:単管足場について

縦と横にパイプを組んだ単管足場は、シンプルな構造の足場です。
踏み板がないため、不安定な状態で作業しなければならないので、現在ではあまり使われていない足場となっています。
ただ、足場を組むスペースがあまりない場所に使われることがあり、費用は安いです。

足場の種類③:単管ブラケット足場について

単管ブラケット足場は、単管足場に踏み板を装着することで、安定性を高めた足場のことです。
単管足場のように狭いスペースで使える上、高強度なため風にも強いです。
単管ブラケット足場はボルトで締めて固定するため、設置作業が静かに行えます。
住宅が密集している場合に設置する足場となっています。

足場の種類④:屋根足場について

屋根足場は、屋根の上での作業を安定させるために組まれる足場となっています。
5寸以上の急勾配になっている場合に使われる足場です。
強度は低く、風の影響も受けやすいですが、作業を行う際の安定性が高くなることは確かです。

まとめ

屋根の塗装で使われる足場の種類について紹介しました。
足場には、広く安定したクサビ足場をはじめ、シンプルな構造の単管足場、狭いスペースで使える上、高強度で風にも強い単管ブラケット足場、急勾配の場合に使う屋根足場があります。  

高島市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181