オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

野洲市の方へ、軒について徹底解説します


軒とは?

そもそも皆さんは軒とは何か知っていますでしょうか?
軒とは部分のことを言っているのかと言いますと、壁面や窓ガラス・ドアなどよりも外に出っ張っている屋根の部分のことを指しています。
近年では軒がないといった住宅が建てられていますが、ひと昔前まではほとんどの住宅に軒が存在しました。

そんな軒にはメリットもあれば、デメリットももちろん存在しています。
そこで軒のあるメリット・デメリットについて紹介していこうと思います。

city-3632286_1920-columns1
軒のメリットについて

外壁を守ってくれる
軒があることによって外壁上部から屋根が出っ張るような状態になります。
そのため雨や風といった外的要因から受ける悪影響を抑制してくれます。

雨よけになる
上記でも話したことと少し似ていますが、軒があることによって雨よけの役目を果たしてくれるため、雨水が吹き込んでくることもありません。

日差しを調整してくれる
軒があることで直射日光が当たる面積が減少するため、部屋の温度の上昇を抑制することが可能です。
夏場は特にありがたいですよね。

軒が長い場合のデメリットについて

耐風性の低下に繋がる
軒先が長い場合、軒下から軒天に向かって流れてくる風に対しての耐風性が低下してしまいます。

デザイン性の低下
軒先が長すぎてしまうととてもバランスが悪くなり、外観のデザイン性がとても悪くなってしまいます。

費用が高くなる
軒先が長いということはその分、材料費がかかってきてしまうので費用が高くなってしまいます。


まとめ

今回は軒があるメリット・デメリットについて徹底解説してきました。
軒があることによって雨よけになってり、直射日光を抑制することが出来るといったメリットがある反面、デザイン性の低下や費用が高くなるといったデメリットも存在します。

野洲市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181