オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、ガルバリウム鋼板は塗り替えが必要なの?


908163_s
ガルバリウム鋼板は耐用年数が長いので、新築後、塗り替え時期まで考えていない方がいるかもしれません。
しかし、ガルバリウム鋼板にはメッキが施されており、サビに強いといっても、経年劣化でサビが発生する時期はやってきます。
サビが発生した後に塗り替えなどを考えると多額の費用がかかることがありますので、定期点検を行う必要があります。 
ここでは、ガルバリウム鋼板の塗り替え時期とポイントを紹介します。

ガルバリウム鋼板の塗り替え時期について

ガルバリウム鋼板の塗り替え時期は新築から15年程度経過した頃です。
しかし、海に近い住宅などはもっと早くなることがあるので、塗装に色褪せが発生した際に塗り替えを検討して、白い粉がふいた状態になるチョーキング現象が発生したら、塗り替えを行って下さい。
サビが酷くなった状態になると、塗り替えではなく、葺き替えやカバー工法で対応しなくてはならず、費用や時間がかなりかかることがあります。

ガルバリウム鋼板の塗り替える際のポイントについて

ガルバリウム鋼板を塗り替える際に高圧洗浄で鋼板の表面を削る目荒らしを行うことがポイントです。
ザラザラになった表面に、下地処理としてプライマーという下地用の塗料を塗布します。
ガルバリウム鋼板用のプライマーも発売されているのでプライマーを選ぶ際のポイントです。

次に中塗りや上塗りを行いますが、手ごろな値段で耐用年数が長いシリコン塗料を選ぶのがポイント。
カルバリウム鋼板は金属製の屋根材なので、日差しによって温度が上がりやすいので遮熱塗料もおすすめです。

まとめ

ガルバリウム鋼板の塗り替え時期とポイントを紹介しました。 
ガルバリウム鋼板の塗り替え時期は新築から15年程度経過した頃ですが、チョーキング現象が発生したら、塗り替えを行って下さい。 
ガルバリウム鋼板の塗り替える際のポイントは目荒らしを行い、ガルバリウム鋼板用のプライマーを塗り、シリコン塗料を使った仕上げることです。 

大津市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181