オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の皆さん!!瓦の葺き直し工事ってご存じですか??


roof-tile-1350179_1920-columns1
高島市の皆さん、瓦屋根の葺き直し工事はご存じですか??あまり知られていないかもしれませんが
既存の瓦屋根を一度撤去して、下地の防水シート等のメンテナンスを行ったあと
再度、撤去した瓦屋根を再利用する事を『葺き直し』と言います。

よく屋根の葺き替えなどと聞く事はあると思いますが、葺き替えの場合は既存の屋根を再利用せず
新たな屋根材に葺き替える事を言います。
瓦の耐用年数は50~60年と言われていて、下地のメンテナンスをきちんと行っていれば
葺き直し工事にて既存瓦を使用できるケースもあります。
今回は『葺き直し工事』についてご紹介していこうと思います。
皆さん、ぜひ参考にしてみてください。

葺き直しの工事方法

■瓦の撤去
既存の瓦を一時的に撤去します。再度利用するので丁寧に扱います。

■土の撤去
古い工法で施工した屋根は、土葺きになっているので瓦の下の土を撤去します。

■下地や野地板の補修やメンテナンス
野地板や谷樋の修理や交換をします。

■防水紙を敷き桟木を設置
現在は土葺きではなく、から葺き工法です。土の代わりに瓦桟木を設置します。
土を使わないので、元々の屋根の総重量の約半分くらいになります。

■瓦の葺き直し
元々使用していた瓦を葺き直していきます。

■漆喰の詰め直し
瓦を戻していきながら、棟瓦に漆喰を詰めていきます。

以上で瓦屋根の葺き直し工事の完了です。

葺き直し工事のメリット・デメリット

メリット
・費用を抑える事ができる
・葺き替え工事並の耐久性を得る事ができる
・屋根の部分的工事が可能
・強度を高める事ができる
・立地条件に左右されにくい

デメリット
・瓦が割れていたり、部分的に交換の際に同じ物が手に入らない可能性がある
・工事後も工事前と見た目が変わらない
・元々、から葺きだった場合は屋根の重量は変わらない

まとめ

今回は瓦屋根の葺き直し工事について、ご紹介しました。
廃棄する物が少ないという事は、環境にとってもエコという事になります。
瓦の長い耐用年数を生かした屋根のリフォーム工事です。

高島市の方以外でも屋根の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店まで
お気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181