オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の方へ雨漏りが起こってしまった場合の対処法


天井から雨漏りしてしまったという経験のある方いらっしゃると思います。
もしくはまだしてないけどこれからしてしまう方もいらっしゃいます。
出来ることであれば雨漏りは経験したくないですよね。

では天井から雨漏りは何故してしまうのでしょうか?
天井から雨漏りしてしまう原因ともし雨漏りしてしまった際の応急処置の方法について解説していこうと思います。
metal-2673999_1920-1-columns1
天井から雨漏りしてしまう原因について

屋根の経年劣化
天井から雨漏りが起こってしまう原因として屋根の経年劣化によるものが挙げられます。
屋根はもちろん住んでいるうちにどんどん劣化していき、補修を行ってもだんだんカバーしきれなくなってしまいます。
そうなってくると屋根の経年劣化が原因となって雨漏りに繋がってしまう可能性も考えられます。

外壁の破損
屋根じゃなくて外壁が破損することで雨漏りに繋がってしまうの?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
ですが外壁が破損することによって天井から雨漏りが起こる原因となってしまいます。
これは二階建て三階建て方の多く見られる原因なのですが、一階の天井から雨漏りが起こっているのであれば原因は屋根ではなく、外壁である可能性が高いです。

応急処置方法のついて

天井から雨漏りしていることに気が付いたら真っ先に処置を行う必要があります。

ブルーシートで屋根を覆う

応急処置としては最適と言っても過言ではないのが、ブルーシートで屋根を覆うことです。

防水テープを貼る
ひび割れなどが原因と分かっているのであれば、防水テープを貼ることによって応急処置となります。

まとめ

今回は天井から雨漏りが起こってしまった場合の対処法や原因についてお話ししてきました。
天井から雨漏りが起こってしまう原因としては屋根の経年劣化・外壁の破損などが考えられます。

草津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181