オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の皆さん、トタン屋根の塗り替え作業


2264486_s
金属屋根の一種であるトタン屋根は、経時劣化により塗り替えの時期がきます。 
トタンといわれる屋根材はサビが発生することがあり、塗り替えを行う際にはケレンといわれるサビを除去する作業が重要です。
トタン屋根の塗り替え作業を紹介します。

塗り替え作業①:ケレンについて

ケレンは下地処理の一種で、劣化した既存の塗料を除去する作業です。
トタン屋根は高圧洗浄を行った後にワイヤーブラシやサンダーを使ったケレンを行います。
ケレンは手間がかかる作業で時間をかけて行います。

2種ケレンではサンダーなど電動工具を使用し、既存の塗膜を全面的に除去します。
3種ケレンでは電動工具を使いますが、錆びてない塗膜は残します。
4種ケレンはワイヤーブラシなどで塗膜全面をあてる程度です。

塗り替え作業②:錆止め処理について

トタン屋根の下塗り作業では錆止め塗料を塗布します。
錆止め塗料には一般錆止め塗料をはじめ、シアナミド鉛錆止め塗料、一液エポキシ樹脂錆止め塗料、二液エポキシ樹脂錆止め塗料があります。
中でも、優れた錆止め効果を発揮する二液反応硬化型のエポキシ樹脂錆止め塗料がよく使われます。

塗り替え作業②中塗りや上塗りについて

トタン屋根の場合、中塗りと上塗りを行うことが多く、密着性や保護する能力を高めます。
トタン屋根は耐久性の観点から、水性より油性の塗料を使う事が多いです。

中でも、室内の温度上昇を抑えられる遮熱塗料がお勧めの塗料です。
また、一液と比較して、二液型の塗料のほうが優れた耐久性を発揮します。

まとめ

トタン屋根の塗り替え作業を紹介しました。
ケレンでは劣化した既存の塗料を除去、錆止め処理では錆止め塗料を塗布します。

トタンに中塗りと上塗りを行うことで密着性や保護する能力を高めます。 
紹介した作業の内容は、劣化したトタン屋根の状態によって変わることがありますが、基本的には同じです。  

草津市以外の方でもトタン屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181