オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

野洲市の方必見です、野地板について徹底解説


皆さんは野地板という言葉について聞いたことはありますでしょうか。
もしかしたら初めて聞くという方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、野地板は屋根本体を保持させるための屋根下地のことを指しています。
屋根本体を保持させるためには野地板は欠かせない存在となっているのですが、屋根本体と同じように野地板に関しても月日が経つごとに劣化していき、腐食してしまう可能性も十分に考えられます。

そのため野地板の耐用年数やメンテナンスについて把握しておかないと、気付いた時には壊れてからだいぶ時間が経っていたなんてことになってしまいますので注意しましょう。
man-4933882_1920-2-columns1
野地板の耐用年数とメンテナンスについて

野地板の耐用年数は約30年と言われています。
ですがこれはあくまで目安の数字となっています。
もし仮に雨漏りが発生してしまった場合には野地板の耐久機能に関しては格段と低下してしまいますので、定期的に確認することが重要になってきます。

実際に野地板の状態を確認するとなると天井裏から劣化状況を確認することになります。
屋根の上にのって劣化状況に関して確認しようとする方がいらっしゃいますが、とても危険になっているので気軽に私たちに依頼を行ってください。
もし野地板に雨染みがある場合は張替を行わなくてはいけない可能性も考えられます。
ですが野地板を張り替えるとなってしまうと高額な費用が掛かってきてしまいます。
そのため定期的に劣化状況に関して確認を行うようにしましょう。


まとめ

今回は野地板とは何かということについて、そして耐用年数やメンテナンスについて徹底解説してきました!
野地板は屋根本体を保持させるためには必要な存在となっており、張り替えを行うとなると高額な費用がかかってきてしまいます。
耐用年数は約30年となっています。

野洲市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181