オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方必見、屋根の色をグレーにする理由


2940580_s
屋根の色をグレーにする人が増えつつあるといわれています。
これまでは屋根の色を黒にする人が多かったですが、グレーにするメリットやデメリットを紹介します。

グレーにするメリットについて

屋根の色を黒にする理由は、黒い塗料は寿命が長いからです。
ただ、黒という色は太陽の熱を吸収しやすく、熱くなる傾向にあります。
一方、遮熱効果だけで考えれば、白い塗料がおすすめです。

ただ、白い塗料は黒い塗料に比べ劣化が早く、汚れやすいデメリットがあります。
そこで、ある程度熱の吸収を抑え、汚れが目立たないグレーが注目を浴びています。
特に、グレーの遮熱塗料を使うことで、室内の温度上昇を抑制できる効果もあります。

このようなことからグレーの遮熱塗料を使うことで室内の温度上昇を抑制しつつ、汚れが目立たないようになるメリットもあります。
特に、吹き抜けがあったり、2階にリビングがあったりする住宅については、夏場、室内が暑く感じることが多いので、屋根の色をグレーにしたほうがよいかもしれません。

グレーにするデメリットについて

黒色の屋根から塗り替えでグレーの屋根にする場合、どうしても違和感があるのではないか?というデメリットを感じる人も少なくありません。

実際、グレーの屋根の住宅を見ても違和感は少なく、他の住宅と並んでもそん色ないと感じる人もいます。 
グレーという色は、メリハリのある色でないのでぼやっとした印象の屋根になりがちですが、違和感まではないので安心して下さい。

まとめ

屋根の色をグレーにするメリットやデメリットについて紹介しました。
屋根の塗料は遮熱効果だけで考えれば白、寿命だけ考えれば黒となっています。
しかし、グレーは黒や白のデメリットを抑えられるバランスがよい色となっています。
グレーの屋根の住宅を見ても違和感は少なく、他の住宅と並んでもそん色ないと感じる人もいます。

高島市以外の方でも屋根の塗り替えに興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181