オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

野洲市の方、陸屋根にパラペットは必須です


防水性を高めたいと考えている方多いのではないでしょうか?
家を長続きさせる上で防水性があるかないかというのはとても重要になってきます。
防水性を高めるためにはパラペットは陸屋根に必須と言っても過言ではありません。
陸屋根に関しては、四方八方に屋上に溜まってしまった水が流れてしまいますので、外壁に雨水がかかることが多くなります。

そのため陸屋根にはパラペットは必須となっていますし、建物の外周全方向に設置されます。

そんなパラペットにももちろんデメリットは存在します。
パラメットのデメリットについて紹介していこうと思います。
rain-432770_1920-4-columns1
パラペットのデメリットについて

雨漏りしてしまう可能性がある
パラペットのデメリットとして挙げられるのは雨漏りしてしまう可能性があるということです。
パラペットは雨水を陸屋根の地水溝におさめる仕組みとなっています。
最も雨漏りしやすいと言われているのが、排水口の先っちょ部分となっています。
陸屋根に降ってきた雨はパラペットに沿って排水口に集まります。

排水口は特にゴミや砂や泥といった汚い廃棄物たちが集まるので、劣化する進むスピードが尋常ではないほど速い部分となっています。
廃棄物のせいによって排水口が詰まってしまったりすることがあるので、それが原因となって雨漏りしてしまうといった可能性があります。

雨漏りしてしまう可能性はそれだけではなく、ゴミなどが集まりやすくなっているとコケやノリが繁殖してしまい、排水口が詰まってしまったりすることで雨漏りに繋がってしまう可能性も十分に考えらます。

まとめ

今回は陸屋根にパラペットは必須かどうか、そしてパラペットのデメリットについてお話してきました。
パラペットのデメリットとして雨漏りしてしまう可能性あることが挙げられます。

野洲市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181