オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の皆さん!カーポートなどに使用されるポリカーボネート


dd8125850bde2972078b9ec628a77343_s
とても使用頻度の高い素材であるポリカーボネートですが
ベランダやバルコニーの屋根、カーポートの屋根などの建築資材として使用されますが
実は、私たちにとても身近な所でも使用されています。
車のヘッドライト部分やサングラス、iPhoneなどの端末のカバーやCD、DVDなどにも
ポリカーボネートが使用されています。
今回は様々な所で活躍するポリカーボネートについて特徴や歴史など詳しくご紹介しようと思います。

ポリカーボネート開発の歴史

まず、ポリカーボネートの歴史についてお話しします。
ポリカーボネートとはドイツの工業製品メーカーのバイエル社が開発した素材です。
そもそもプラスチック素材の発見は1898年、ミュンヘン大学のドイツ人科学者Alfred Einhornによって
発見されましたが、商品化は長らくされませんでした。

その後バイエル社が製品化に成功し、販売を開始し世の中に出回る様になったのが始まりです。
日本では1960頃から生産開始されています。

ポリカーボネートの特徴

完了
ポリカーボネートの機能的な特徴は、衝撃に強いという事と、ガラスより軽いという事です。
その耐衝撃性は同じ厚さのガラスの約200~250倍、アクリルの30倍と言われています。
ポリカーボネートには表裏もあります。陽の当たっている方が表面になり紫外線対策が
施されています。裏面にはシールが貼られており、そちら側が室内用とされています。
この表裏を間違えてしまうと、紫外線を受けて劣化が早まってしまいます。

アクリルとポリカーボネートの違いについてもお話しします。
ポリカーボネートと比較される事の多いアクリルですが、どのような違いがあるか
知っておきましょう。
アクリルはガラスより高い透明性と耐候性、そして自由度の高い加工性が特徴です。
一方でポリカーボネートは他のプラスチック素材にはない強度と耐久性、断熱性の高さ
また燃えにくいという燃焼性の低さが特徴となっています。

ポリカーボネートのメリット・デメリット

メリット
■衝撃に強い
プラスチック素材の中では最高の耐衝撃性で防弾材料に使われるほどの強さです。
衝撃に非常に強く割れにくい素材で、その強さはハンマーで叩いても大丈夫だと言われています。

■ガラスと等しい透過性
光の透過率は85~90%ほどの透明度を誇ります。

■高い耐熱性
冷蔵庫から電子レンジまで幅広い温度の変化に対応できる優れた耐熱性を備えています。

■寸法精度の高さ
プラスチック特有の成型収縮率が小さいので変形しにくいのが特徴です。
加工しやすく着色しやすい素材えdす。

■軽量
他のプラスチック素材に比べ軽くて丈夫です。

■電気を通しにくい
電気の絶縁性の高さがあります。

■紫外線透過率の低さ
そして紫外線の通しにくさは抜群で透過率は0%

デメリット
■黄ばみやくすみ、くもり問題
黄ばみやすいのもポリカーボネートの特徴です。
分かりやすい例でお話しすると、車のヘッドライトも年数が経ってくると、だんだんと
黄ばんでくすんできますよね??ポリカの黄ばみやくすみは皆さんも悩んだ事があると思います。

■薬品に弱い
有機溶剤やアルカリ剤で劣化を起こします。
オイル、農薬等の薬品の影響を受けやすく、白くなったりクラックを起こしたりするので
注意が必要です。

まとめ

今回は、皆さんの身近でも大活躍しているポリカーボネートについて
ご紹介してきました。カーポートやテラス屋根だけでなく
車のヘッドライトやiPhoneのカバーなど、私たちの身近な所でも使用されているんですね。

高島市の方以外でも屋根の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店まで
お気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181