オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

野洲市の皆さん、雨樋の詰まりは放置しては危険です


雨樋の詰まりを放置してしまうと危険な理由とは!?

皆さんの中にも雨樋の詰まりが発覚しているのにも関わらず、修理を行うのがめんどくさいという理由や、費用をかけるのはもったいないからといって詰まっている状態を放置してしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ですが雨樋の詰まりをそのまま放置してしまうと建物自体に大きなダメージを与えてしまい、最悪の場合は建物を建て替えなくてはいけなくなってしまう可能性があります。

雨樋が詰まっていると雨水は外壁や屋根などを腐食し、一気に建物を腐食していきます。
こうなってしまうことが分かっていても皆さんは雨樋の詰まりをそのまま放置しますか?
こうならないためにも修理は必ず行う必要がありますし、そもそも雨樋が詰まって壊れてしまう原因について知っておく必要があります。
drop-of-water-4262083_1920-2-columns1
雨樋が詰まって壊れる原因について

廃棄物が詰まっている
雨樋が詰まって壊れてしまうのは原因はゴミや泥といった廃棄物によるものとなっています。
風によって運ばれてきた廃棄物は雨水の流れるルートを処断してしまっていたり、集水器に詰まってしまうことによって雨樋が壊れてしまう可能性があります。

経年劣化
雨樋が詰まって壊れる原因の中には経年劣化も考えられます。
雨樋の寿命に関しては短い場合だと約20年と言われています。
寿命を過ぎてしまうと当たり前のことではありますが、雨樋が壊れてしまう可能性は高くなり、雨漏りの原因となってしまう可能性があるので、しっかりと定期的に点検するようにしましょう。

まとめ

今回は雨樋の詰まりは放置しては危険かどうか、そして壊れてしまう原因についてお話してきました。
雨樋が詰まって壊れてしまう原因としては泥やゴミなどの廃棄物が詰まってしまうことや経年劣化が挙げられます。
放置してしまうと家ごと建て替えなくてはいけなくなってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

野洲市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181