オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の方へ、屋根の色を選ぶ際に押さえておきたいポイント


3275997_s
新しい住宅を建てたり、屋根の塗り替えを考えたりした場合、屋根の色を決めなくてはならないことがあります。
塗り替えの場合、これまで同じ色を塗ることはできます。
ただ、外壁の色にこだわる方はせっかくお気に入りの外壁の色になっても、屋根の色によっては、住宅全体の印象は変わってしまいます。 
屋根の色を選ぶ際に押さえておきたいポイントについて紹介します。

ポイント①:屋根と外壁の色調を合わせる

屋根と外壁の色調が違うとポップなイメージを演出できますが、落ち着きがない雰囲気が漂うになります。
どちらかというと屋根と外壁の色調を合わせることで、落ち着いた雰囲気になるのでおすすです。

ポイント②:色見本には錯覚がある

例えば、同じ色であっても、色見本の色と屋根の色では印象が異なります。
色は面積が大きくなる程、明るく感じるようになります。

小さな面積の色見本で屋根の色を決めてしまうと、実際に屋根に色を塗ると明るい印象になってしまいます。
例えば、試しに大きいサイズのコンパネに色を塗ってもらうと、屋根に塗った時のイメージに少し近づきます。

ポイント③:他の住宅などを参考にする

時間があれば、近所の住宅街や展示場などで、屋根の色と外壁を眺めて参考にすることは重要です。
実際に住宅の屋根に塗られた色を見る事で、塗装した後のイメージをしっかり掴むことが可能です。

ポイント④:暗めの色がおすすめ

屋根の色は、明るめの色より暗めの色のほうがおすすめです。
理由は、暗めの色のほうが、屋根の汚れや色褪せが目立たないというメリットがあるからです。

まとめ

屋根の色を選ぶ際に押さえておきたいポイントについて紹介しました。
基本的には、お気に入りの色を屋根に塗ることをおすすめします。 
ただ、色見本で見る色より、実際に屋根に塗った色は明るい印象になってしまうことや屋根の汚れや色褪せが目立たない暗めの色がおすすめなのは確かです。  

草津市以外の方でも塗り替えを考えている方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181