オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

野洲市の屋根を長持ちさせたいという方必見です


皆さんの中にも屋根は出来るだけ長い間使いたいと考えている方多いのではないでしょうか。
それもそのはず、屋根が壊れてしまったりすればもちろん修理を行う必要があるので費用がかかってしまいます。
出来ることなら修理に費用は出したくありませんよね。

そこで皆さんは屋根勾配が屋根の寿命に関係していることを知っていますか?
屋根勾配を意識して家を建てることによって屋根の寿命を延ばすことが可能となっています。
そこで屋根と勾配の関係についてお話ししていこうと思います。
houses-4038954_640
緩勾配のメリット・デメリットについて

緩勾配のメリットとして挙げることが出来るのが、風の影響を受けにくくなるということです。
風の影響を受けにくいということは屋根の風による劣化を抑制することが出来ます。
それに緩勾配の場合、施工費用がとても安く抑えることが可能となっているので金銭面でもメリットが大きいです。

ですが緩勾配の場合、雨漏りしやすいという最大にデメリットが存在します。
勾配が緩いので雨が溜まりやすくなってしまいます。

急勾配のメリット・デメリットについて

急勾配の屋根は雨が溜まりにくいので耐久性が高まりやすいのが特徴となっています。
ですが風の影響を受けやすくなってしまうというデメリットも存在します。
風の影響を受けるということは劣化が早まってしまいます。

寿命を延ばしたいのなら4寸・5寸がベスト

緩勾配と急勾配の中間である4寸・5寸の勾配にすればお互いのメリットを取り入れることが出来るので、耐久性が立ママりやすくて風の影響を受けにくいので劣化の進行を抑制することが可能となっています。

まとめ

今回は屋根を長持ちさせたいという方必見!長持ちさせたいなら勾配がポイントということについてお話してきました。
屋根を長持ちさせたいのであれば、4寸・5寸の屋根勾配がベストとなっていますので把握しておきましょう。

野洲市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181