オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

野洲市のみなさん、破風板とは何か知っていますか


破風板とは!?

皆さん破風板って聞いたことありますか?
初めて聞いたという方も多くいらっしゃると思います。
破風板とは屋根瓦の下や屋根の内部に吹き込んでくる風を抑制してくれるための物となっています。

そんな破風板には重要な4つの役割が存在します。
破風板の役割と修理する方法について紹介していこうと思います。
破風とはどこか
破風板の役割について

破風板には4つの役割が存在します。

耐風性が向上する
今の日本って台風や突発的な強風ってもはや日常茶飯事となっていますよね。
台風なんて一か月に一回のペースでやってきます。
そんな中耐風性がない家は生き残っていくことは出来ません。

屋根って上から吹いてくる風に対しては耐風性がとても高くなっていますが、下から吹き上げられるような風に対する耐風性に関しては意外と低かったりします。
そこで破風板があることによって下から吹き上げられる屋根内部への侵入してくる風を防ぐことが可能となってます。

雨水が吹き込んでくるのを防ぐ
雨は基本的には上から降ってきますが、強風が吹いている際や台風の時には斜め上から降りかかってきたり、台風の時なんて横殴りの雨になったりもします。
そのような場合に破風板があることによって雨が吹き込んでくるのを防いでくれます。

防火性の向上
破風板があることによって防火性が向上します。
屋根は外壁よりも大きく作られている場合が多く、少しはみ出している形になっており、はみ出している部分を軒と言います。
もし窓から火災が起こった場合、軒はすぐに炎上してしまいます。
そこで破風板がないと屋根裏まで一気に火が回ってしまいます。
破風板があることによって一気に火が回るのを防止してくれます。

まとめ

今回は破風板とは何か、そして役割や修理方法についてお話してきました。
破風板とは屋根内部に吹き込んでくる風を抑制してくれるものとなっています。

野洲市の方以外でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181