オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津にお住まいの皆さんへ、雨樋破損原因


破損した雨樋
樋破損アップ
樋確認
樋の詰まり
高所作業車で樋を確認
屋根状況
2321681_s
屋根の劣化を気にする方は多いと思いますが、意外と見落としがちなのが雨どいです。
雨どいは、屋根に降った雨水を下水などにスムーズに排出する重要な役割りがあります。
雨どいが劣化することで、住宅に様々な問題が発生する可能性があります。
雨どいが破損する原因について紹介します。

雨どいが破損する原因①:枯れ葉やゴミについて

枯れ葉やゴミが詰まりやすいのは雨どいの中でも雨水を集める集水器と下水などへ流す竪樋となっています。
緑に包まれた山間部の住宅は枯れ葉、都市部ではビニールのゴミが詰まることがあり、破損の原因なることがあります。
枯れ葉やゴミは手で除去できそうなイメージですが、高所作業になることがあるので業者に任せたほうがいいでしょう

雨どいが破損する原因②:経年劣化について

雨どいの耐用年数は20~25年位です。
雨どいは金属や樹脂を使っており、経年劣化によって破損や穴あきが発生するものもあります。
経年劣化よって破損した場合は交換する方法が一般的です。

一方、経年劣化によって雨どいの支持金具自体が外れたり、抜けたりすることがあります。
修理によって対応すること可能ですが、雨どい全体を交換する場合もあります。
雨どいの継ぎ手は接着剤で固定させますが、強雨などで煽られて、接着剤が剥がれて隙間ができてしまうことがあります。

雨どいが破損する原因③:風や雪について

雨どいは屋根と同様に風に煽られたり、雪の重みに負荷をかけられたりします。
強雨や多量の雪に耐えられなくなり、雨どいが変形したり破損したりすることがあります。

まとめ

新しい家でも、雨どいに枯れ葉やゴミが詰まってしまい、放置すると雨どいが破損する恐れがあります。
経年劣化や風や雪によっても破損することがあり、定期点検によって早めに発見することが重要です。
雨どいの点検や修理は高所作業となりますので、信頼できる業者に依頼しましょう。 

草津市以外の方でも雨樋に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181