オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆さん!出窓の屋根の雨漏り対策方法と予防策


curacao-1467577_1920-columns1
出窓の屋根の雨漏り対策を知りたい方や、出窓の雨漏りの予防方法などを
知りたい方などに必見です。
今回は屋根にある出窓について、雨漏りの補修方法や予防方法について
ご紹介していこうと思います。
雨漏りは放っておくとマイホームの劣化を進行させてしまうので早めの補修をしましょう。

出窓屋根の雨漏りの原因について

出窓の雨漏りの原因については大まかに分けると3つあります。
ここでは雨漏り原因についてご紹介します。

シーリングの劣化
シーリングは雨水を通さない目的で施されますが、ゴム状で端が擦り減りやすいのが特徴です。
シーリングの劣化原因にか下記の物が当てはまります。

・経年劣化によるもの
外部のシーリングの耐用年数は5~10年なので築5年以上の建物はメンテナンスを推奨します。
まずはご自宅の外壁のシーリングを確認してみましょう。

・住宅の設計ミスによるもの
住宅の設計そのものが原因で雨漏りしやすい状況をつくり出している可能性があります。
出窓周辺に換気扇やベンドキャップといった設備があるのであれば、外壁から飛び出している部分の
シーリング状況も確認しておきましょう。

結露
結露により壁に生じたカビは、雨漏りだけでなく外壁全体に影響を及ぼす可能性もあります。
出窓周りで結露が発生する原因についてお話しします。

・透湿防水シート
透湿防水シートにより、雨漏りや結露を抑える事ができます。
しかし透湿防水シートに隙間があると、家の中の湿気が壁の中で結露します。

・出窓が結露しやすい理由
出窓は外部との接触面が多い為、壁の内外での温度差が大きくなってしまいます。
出窓は採光がとりやすい反面、結露が発生する構造になっています。

屋根の汚れ
屋根の汚れの原因となる苔や鳥の糞害は、屋根を劣化させる恐れがあります。
特に金属製の屋根はサビにより劣化してしまいます。

雨漏りの応急処置方法

■コーキングの補修
コーキングの劣化が原因の雨漏りの場合、新たにコーキングを打ち直します。
修理方法は
・古いコーキング剤を撤去
・補修する箇所を洗浄
・コーキングガンでコーキング剤を充填
・ヘラで成形して乾燥させたら完了
コーキングは比較的簡単な作業なので、道具があればご自身でも補修可能です。

■外壁の補修
出窓の設置により外壁にも負担がかかりやすい状態になっています。
そのため、出窓周辺の外壁にひび割れが生じて雨漏りが発生する恐れがあります。
1㎜以下の外壁のひび割れであればセメントスプレーを用いた補修が可能です。
先に定着液を塗布したあと、スプレーを数回に分けて塗布すれば完了です。
セメントスプレーは素人でも使用可能ですが、塗布する量の加減が必要になります。

出窓屋根の雨漏り防止方法

高圧洗浄
高圧洗浄により屋根の雨漏りの原因となる、苔や鳥の糞などを落としましょう。
屋根の上の作業になるので、ご自身でするのは危険です。
定期的に業者に頼んで綺麗に洗い流してもらいましょう。

早めの補修
屋根からの雨漏りの被害は台風や豪雨などの災害時に集中します。
災害時は依頼が多い為、お伺いするのに時間がかかってしまう場合もありますので
災害前に業者にメンテナンスを依頼する事がオススメです。
メンテナンスの頻度は8~10年程と言われていますが、シーリングの劣化や
苔やカビの発生なども考慮して5年に1度くらいのペースで業者に見てもらうと良いでしょう。

まとめ

出窓屋根の雨漏りは道具があれば、応急処置は可能です。
しかし応急処置をしたからと言って、そのまま放置はダメです!!
応急処置はあくまでも応急処置なので、その後必ず業者の人に見てもらいましょう。

守山市の方以外でも屋根の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店まで
お気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181