オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

野洲市の皆さん、広小舞の基礎的知識


広小舞
広小舞って何?

皆さんは広小舞って聞いたことありますでしょうか?
聞いたことすらないという方も多いと思います。
広小舞とは軒先の先端部分にある垂木の上に取り付ける板のことを指しています。

雨樋が付いていない家の場合ですと、広小舞は別名で登りよどとも呼ばれています。

そんな広小舞には一体どのような役割が存在するのでしょうか?
広小舞取付け
広小舞の役割について

広小舞には大きく分けて2つの役割が存在します。

水留め
水留めとは何かと言いますと、野地板などの木材の切り口に関しては雨水を吸収しやすいという性質を持っているのであまり濡れないようにするために施工することです。
そして濡れないようにする役目を広小舞が果たしています。

軒先を揃えること
広小舞と役割として軒先を揃えることが挙げられます。
垂木は分厚い板ではなく細長い角材なので反ってしまうことがあります。
それによって屋根面が凸凹してしまう可能性があります。
それを広小舞があることによって凸凹が無くなり、軒先を整える役割が存在します。

広小舞が必ず必要な屋根とは!?

広小舞が必要になってくる屋根とは茅葺き屋根となっています。
屋根に瓦を葺く際に上下に瓦と瓦は重なり合っているのですが、一番下の屋根には被せる瓦が存在しません。
なので広小舞を取り付けることによって軒先にある瓦角度を他の瓦たちと同じになるようにしています。

もし茅葺き屋根に広小舞が存在していなかったら軒先に存在する瓦のみが角度が異なってしまいます。
金属屋根の場合は野地板というものが広小舞の役割を担ってくれているため、広小舞は必要ない場合もあります。



まとめ

今回は広小舞の基礎的知識・修理方法について徹底解説してきました。
広小舞には水留めや軒先を揃えるといった役割が存在し、茅葺き屋根には必ず広小舞が必要になってきます。

野洲市の方以外でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181