オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

野洲市の皆様へ、破損した瓦屋根を修理する方法


560567_s-1
瓦屋根は他の屋根を同様に経年劣化や台風、地震などによって破損することがあります。 
瓦屋根は色々な部材で構成されているので、修理の方法は色々あります。 
そこで瓦屋根の修理は他の屋根の修理とは異なる点があるので紹介します。

漆喰の詰め増しについて

漆喰の劣化が進む前に点検などで早く発見することで、簡単な修理の漆喰の詰め増しを行います。 
劣化した漆喰の早期発見は定期的に業者に点検を依頼することをおすすめします。

棟の積み直しについて

瓦屋根の頂上である棟は、棟瓦を配置することで、雨を受け流し屋根に雨が入り込むことを防止しています。
棟瓦に使われている漆喰が経年劣化することで、瓦が不安定になり、雨の侵入や強風や地震による瓦の落下の可能性が高まります。
この場合、漆喰を詰め直してから再び棟瓦を積み直す積み直し工事を行います。

瓦屋根の葺き直しについて

瓦自体の耐用年数は長く、中でも日本瓦はメンテナンスフリーに近いです。 
ただ、屋根を構成する野地板やルーフィングは瓦より耐用年数が短いので、交換や修理しなければならない時期が意外と早くきます。 
瓦はそのまま使い、傷んだ野地板やルーフィングだけを交換する葺き直しがあります。

瓦屋根の葺き替えについて

瓦屋根の葺き替えは、瓦以外にも野地板やルーフィングなどを交換する作業です。
瓦を新しく交換するので、葺き直しと比較して、工事費用が多くかかります。
交換した古い瓦は廃却することになるので、費用がかかります。

まとめ

瓦屋根は色々な部材で構成されているので、修理は漆喰の詰め増し、葺き直しや葺き替えといった種類があります。  
漆喰の劣化が進む前に点検などで早く発見できれば、漆喰の詰め増しで修理します。
瓦が損傷していなければ葺き直し、瓦が損傷していれば葺き替えを行います。。
早期に瓦屋根の損傷を発見するために、専門業者に依頼して点検してもらうことをおすすめします。  

野洲市以外の方でも瓦屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181