オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方必見!!ガルバリウム鋼板の屋根について徹底解説!!


ガルバリウム鋼板でカバー完了
高島市の皆さん、ガルバリウム鋼板の屋根はご存じですか??
写真の屋根もガルバリウム鋼板屋根です。
ガルバリウム鋼板とは、そもそもどんな素材なの??と思われている方も
いらっしゃると思います。
ガルバリウム鋼板は『亜鉛メッキとアルミニウム』で作られています。
最近では、屋根材だけでなく外壁材としても多く使用されます。
では、今回はこのガルバリウム鋼板についてご紹介していきます。

ガルバリウム鋼板屋根のメリット

■板金屋根の中では耐久性が高い
ガルバリウム鋼板は屋根材の中でも腐食しにくく、耐久性が高い材料です。
板金屋根は通常、錆びてしまったり腐食しやすいのが特徴ですが
ガルバリウム鋼板は耐久性が高いのでとても人気があります。

■軽量なので耐震性に優れている
ガルバリウム鋼板はとても軽量の屋根材です。
瓦屋根ですと1㎡に乗せる重さが約60㎏にもなりますが、ガルバリウム鋼板の場合は5㎏ほどの
重さになります。これが屋根全体で考えるとかなりの重さの違いがありますよね??
家は屋根が軽い事により耐震性も高くなります。
軽量なことから、カバー工法にも使用できるのも人気の1つです。

■見た目がスタイリッシュ
見た目がスタイリッシュでカッコイイとも言われています。
屋根材はなかなかスタイリッシュな物が少ないので、そのような雰囲気が欲しいという方には
オススメの屋根材です。

■メーカーの長期保証がついている事が多い
ガルバリウム鋼板は錆びにくいですが、絶対に錆びないわけではなく
電食というものによって錆びが発生してしまい屋根材に穴を開けてしまう
危険性もある事から、『穴あき保証』という長期保証をつけている物もあります。
保証がついていると安心できますよね。

ガルバリウム鋼板屋根のデメリット

■断熱効果がない
ガルバリウム鋼板そのものには、断熱効果がありません。
そのため冬は寒く夏は暑くなりやすく、板金屋根特有の雨音がする事もあります。
このような事を防止するために、ガルバリウム鋼板に断熱材が付着している物もありますので
施工の際は、そちらをオススメしますが価格が上がってしまう点がデメリットです。

■塩害の被害がある
海の近くに建てられた家などでは、塩害の被害がでる可能性があります。
潮風が吹く地域では白錆が発生しやすいため、ガルバリウム鋼板は不向きの材料です。
自然災害の場合は保証が適応されるか難しい所です。

■業者選びに注意が必要
ガルバリウム鋼板の施工は簡単な物ではありません。
場合によっては雨漏れしてしまったり、傷をつけてメッキが剥がれてしまい
錆びが発生して穴が開いてしまう事もあります。
しっかりとガルバリウム鋼板の施工を行った実績のある業者に依頼しましょう。

ガルバリウム鋼板屋根の施工方法

ガルバリウム鋼板屋根の施工には2種類の施工の仕方があります。

・縦葺き
ガルバリウム鋼板を屋根に添って縦に葺いていく工法です。
勾配が緩やかで水はけが悪い屋根などには最適な工法です。
水はけが良い事から雨漏りが発生しにくいのもメリットです。

・横葺き
ガルバリウム鋼板を横向きに葺いていく工法です。
重ね葺きを行う際に多く使用されます。

まとめ

今回はガルバリウム鋼板屋根のメリット、デメリットや施工方法などを
ご紹介しました。屋根のリフォームを検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

高島市の方以外でも屋根の事などでお悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店まで
お気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181