オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

野洲市の方へ、ルーフィングの耐用年数と劣化について


660930_s
ルーフィングは屋根の野地板の上に敷くことで、雨水が屋根に侵入することを防ぎます。 
ルーフィングにも屋根材と同様に耐用年数があるので紹介します。

防水シートの耐用年数について

ルーフィングは、アスファルトを紙板に染みこませたタイプとゴム樹脂でできたタイプに分けられます。
耐用年数は、厚いアスファルトルーフィングが20年程度、柔らかいゴム製ルーフィングは15年程度となっています。

トタン屋根やスレート屋根の場合、ゴム製ルーフィングと屋根材の耐用年数が近いため、葺き替える際に一緒に交換することが多いです。
耐用年数が20年を大幅に超える屋根材の場合、葺き替え時期がくる前に、ルーフィングを交換しなければならなくなります。

劣化した防水シートはどうなる?

劣化したルーフィングは、柔軟性が失われ、更に劣化が進行にすると、硬くボロボロになって防水性が低下します。

ルーフィングは屋根材の下に敷いてあるので、劣化を目視で確認できませんので、耐用年数が近づいたら、交換がおすすめです。 
ルーフィングの劣化は立地や周辺環境、気象条件によって少し異なることがあります。 
例えば、日差しが強く潮風が吹く海沿いの場合は、早くルーフィングが劣化する可能性があります。 
降雪地帯のように、雪などで屋根に負担が大きい場合は、劣化が早いようです。 
温暖であまり雨が降らない地域であれば、想定されている耐用年数より長くなることもあります。
ただ、ルーフィングが劣化して雨漏りが発生すると、家に大きなダメージを与えてしまうので、注意が必要です。

まとめ

ルーフィングの耐用年数は15~20年となっています。
ルーフィングは屋根材を葺き替えを行う時期に一緒に交換するか、葺き替えの前に行うのが一般的です。
劣化したルーフィングは、柔軟性が失われ、劣化が進行にすると硬くボロボロになって防水性が低下し、雨漏りの原因になります。

野洲市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181