オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

野洲市の方へ、瓦屋根を長持ちさせるためのポイント


387767_s
瓦屋根で使われている瓦自体の耐用年数は長く50年程度ある場合も珍しくありません。 
ただ、瓦屋根は、漆喰など様々な部材で構成されており、瓦より劣化が早い部材があります。 
ここでは、瓦屋根を長持ちさせるためのチェックポイントについて紹介します。

チェックポイント①:雨漏り

雨漏りによって、下地の劣化が進行し、屋根全体に影響を及ぼしてしまいます。 
雨漏りを修理しないで放置しておくと、結局、多額の施工費用が発生するので、早めに修理することをおすすめします。

チェックポイント②:瓦のズレ

強風や地震が原因で屋根の瓦がズレてしまうことがあります。 
ズレた瓦を放置しておくと、雨水が屋根に侵入したり、瓦が落下したりすることがあり、注意が必要です。 
台風や地震が発生した後、瓦がズレをチェックすることが必要。

チェックポイント③:瓦の割れ

強雨によって倒れたアンテナや飛来物、ひょうなどによって瓦が割れてしまうことがあります。 
瓦は破損した部分だけを新しい瓦に交換することが可能なので、チェックして早めに修理して下さい。

チェックポイント④:漆喰の剥がれ

漆喰は、雨水の浸入を抑制したり、瓦と瓦を接着したりする役割があります。 
経年劣化によって、漆喰が剥がれ落ちることはよくあります。 
漆喰が剥がれることで、強風や地震で瓦が落下することがあるのでとても危険です。 
剥がれ落ちた漆喰を庭などで発見したら、早めに専門業者へ点検を依頼して下さい。

まとめ

瓦屋根を長持ちさせるためのチェックポイントは雨漏り、瓦のズレや割れ、漆喰の剥がれです。

・雨漏りによって屋根全体に影響を及ぼすことがあります。 
・ズレた瓦の隙間から雨水が屋根に侵入したり、ズレた瓦が落下したりすることがあります。
・強雨によって倒れたアンテナや飛来物、ひょうなどによって瓦が割れることがあります。
・ 経年劣化によって、漆喰が剥がれ落ちることはよくあります。  

野洲市以外の方でも瓦屋根に困り事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181