オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の皆さん、平板瓦とは


そもそも平板瓦とは何か!?

そもそも皆さんは平板瓦って聞いたことありますか?
平板瓦と長方形の洋風様式の瓦のことを指しています。
最近、平板瓦はようやく認知も浸透し始めて、利用している方も増えてきています。

そんな平板瓦ですがたった1種類だけではないのをご存じでしょうか?
平板瓦には大きく分類すると3つの種類が存在しています。
その種類と特徴について徹底解説していこうと思います。
roof-tiles-4927053_1920-1-columns1
平板瓦の大きく分類した際の3種類について

平板瓦の種類と特徴についてお話していきます。

普通の平板瓦
これはオーソドックスな平板瓦のことを指しています。
スタンダートな一般的に知られている形状となっており、どんな形の屋根にでもマッチすることが可能なのが最大のメリットと言えます。
住まいに高級感を出したいと考えている方は是非、試してみてください。

防災型平板瓦
防災型平板瓦に関しては上側の瓦の防災ラッチが、下側の瓦の防災ラッチに噛み込まれて上側の瓦を抑え込んでいます。
耐震性や耐風性にとても優れているので、台風や地震が起こった時に最も頼りになります。

緩勾配対応型平板瓦
緩勾配対応型平板瓦に関しては独自に開発されている防水設計が施されているため、雨水の侵入を完璧に防ぐことが可能となっています。
緩い勾配の屋根には高度な防水性と安定性が求められていますが、独自開発の防水設計のおかげによって緩い勾配の屋根にも合うようになっています。

このように平板瓦には大きく分類して3つの種類が存在しています。
自分がどのような家にしたいと考えているのか、そしてそれぞれの特徴をしっかりと把握した上で選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は平板瓦って何かということについて、そして種類と特徴を徹底解説してきました。
平板瓦には大きく分類して3つの種類が存在しており、それぞれ異なる特徴を持っているので自分に合っている物を選ぶようにしましょう。

大津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181