オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方へ、屋根の高圧洗浄について


578421_s
屋根に付着した汚れやホコリは水をかけて手洗いして落とすのが理想だといわれています。 
ただ、高所作業であり、屋根材を1枚1枚手作業で綺麗にすることは現実的ではありません。
そこで作業者は高圧洗浄を使うのですが、注意点を紹介します。

屋根材を傷めないようにする

高圧洗浄は屋根材の付着した汚れやホコリ、塗料を洗い落とすというよりは削り落とすことです。
例えば、コロニアルの場合、高圧洗浄の後、白い基材が露出していることがあります。
白い基材が露出してしまうとコロニアルはかなり傷んでいると考えられるので注意しなければなりません。

ルーフィングを傷めないようにする

高圧洗浄によってコロニアルが割れてしまうことがあります。
作業者は丹念に汚れやホコリを除去しようとするあまり、コロニアルが割れてしまい、下に敷いてあるルーフングを傷めてしまうこともあります。
ルーフィングは雨水を屋根内に侵入することを防ぐ役割がありますが、傷んでしまうと雨漏りの原因になります。

アスベストに注意する

昔のスレート屋根の屋根材にはアスベストが含まれていることがあります。
ご存じの通り、アスベストの健康被害は、問題となっています。
アスベストを吸い込むことで、肺の病気になってしまう人もいます。
アスベストが含まれているスレートを高圧洗浄することで、アスベストが飛散してしまうことがあり、注意が必要です。
スレート屋根の高圧洗浄を禁止している国もあります。

まとめ

屋根材を1枚1枚手作業で綺麗にすることは現実的ではないので、高圧洗浄を使います。 
コロニアルの場合、高圧洗浄の後、白い基材が露出したり、下に敷いてあるルーフングを傷めてしまったりすることもあります。
また、アスベストが含まれているスレートを高圧洗浄することで、アスベストが飛散してしまうことがあり、注意が必要です。

高島市以外の方でも屋根の汚れが気になる方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181