オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の方へ、雨漏りしてしまった際の「屋根防水」について


屋根防水に関しては様々な種類の工法が存在しており、どの工法で施工を行うのが正解なのか分からないといった方多いのではないでしょうか。

そんな方のためにこの記事では屋根防水の中の塗膜防水について詳しくお話しすると共に、特徴についてお話ししていこうと思います。

metal-2673999_1920-1-columns1
塗膜防水

塗膜防水とは名前の通り、防水塗料を塗る工法となっています。

ウレタン防水工事
ウレタン防水は最も主流となっている防水工法となっており、液体のウレタンを塗ることによって防水層を形成し、防水を行う工法となっています。
ウレタンは液体となっているので、完全な防水膜を形成することが可能となっています。

そんなウレタン防水の特徴としては施工方法がとても単純な作業となっているため、施工にかかる期間が短く済みます。
それに施工にかかる費用が安価であったり、別素材の防水材があったとしてもその上から直接施工を行うことが可能となっているため、古い防水材を撤去する必要もないので便利です。

FRP防水工事
FRP防水工事に関しては耐久性に優れているFRPを使って、防水層を形成する工法となっています。
FRP工防水工事はとても軽量で耐久性に優れているといったメリットが存在します。
施工にかかる期間としましては約2日となっているので比較的に早いです。
そして硬貨するとプラスチックになってしまうので、地震などの強い衝撃にはとても弱くなってしまうのがデメリットとなっています。
それにもう一度塗装を行う際にウレタン防水のように前の防水材の上から直接施工を行うことが出来ないので、廃棄のプラスチックが発生してしまいます。

まとめ

今回は雨漏りしてしまった際の「屋根防水」について徹底解説してきました。
塗膜防水にはウレタン防水工事・FRP防水工事が存在します。
草津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181