オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

栗東市の皆様、軒先が短い家のメリット・デメリット


軒先が短い家と言われて皆さんもどんな家かというのはイメージしずらいと思います。
軒先が短い家には様々なメリットが存在しますが、デメリットももちろん存在します。
そこで軒先が短い家のメリット・デメリットについて紹介していこうと思います。
city-3632286_1920-2-columns1
軒先が短い家のメリットについて

軒先が短い家の最大のメリットとも言えるのは、室内を最大限に広く出来るということです。
それに軒先が短いとその分、必要になってくる建材も少なくなってくるので費用の削減にもつながってきます。
そして建材が少ないということは建物にかかる建材による負荷は確実に減少します。
そのため屋根の重量も軽くなり、耐震性にも優れています。

軒先が短い家のデメリットについて

軒先が短いとなると外壁に雨がかかりやすくなってしまいます。
そして外壁と屋根の取り合いから雨水が侵入してしまう危険性があります。
実際に軒先が短い家ので起こってしまう雨漏りの被害としましては、サッシ周辺からの雨漏りであったり、雨樋の不具合による雨漏りといった様々なケースがみられます。

サッシ周辺からの雨漏りの場合、窓と外壁の取り合いから雨水が侵入してきてしまいます。
雨樋の不具合からの雨漏りの場合は、雨樋から雨水が溢れてしまって外壁を伝って雨水が侵入してしまいます。
雨樋に不具合がなければこのようなことにはならないと考えられます。

こういった軒先が短い家の雨漏りを防ぐにはしっかりとメンテナンスを行うことが重要になってきます。
軒先が短い家の場合は約10年のスパンでメンテナンスを行うことをお勧めします。
雨漏りが起こってからメンテナンスをしても手遅れとなってしまいます。


まとめ

今回は軒先が短い家のメリット・デメリットについて徹底解説してきました。
メリットもたくさんありますが、デメリットとして雨漏りしてしまう危険性があるのでメンテナンスは怠らないようにしましょう。

屋根のことでお悩みの方は
栗東市の方以外でも街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181