オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方必見、ジンガリウム鋼板とは


ジンガリウム鋼板とは?

ガルバリウム鋼板なら聞いたことあるけどジンガリウム鋼板なんて聞いたことすらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ジンガリウム鋼板とはアルミ55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%でメッキされている鋼板のことを言います。
実際ガルバリウム鋼板も同じ素材でメッキされている鋼板のことを指していますので、ガルバリウム鋼板とジンガリウム鋼板には大した差はありません。

そんなジンガリウム鋼板のメリット・デメリットについてお話していきます。




roofs-1391640_1920-1-columns1
ジンガリウム鋼板のメリットについて

雨音が響きにくい
ジンガリウム鋼板に関しては表面を石粒出コーティングしているので、雨音が響きにくくなっています。

メンテナンスの手間が省ける
ジンガリウム鋼板は色褪せが起こりにくいという特徴があるので、塗り替えが不要となっています。
なのでメンテナンスの手間を省くことが可能となっています。

ジンガリウム鋼板のデメリットについて

輸入品がとても多い
ジンガリウム鋼板の多くは輸入品となっています。
製品の安全性や品質を考えると輸入品よりも国内産の製品の方が良いので、デメリットとなってしまいます。

表面の石が落ちてくる可能性がある
ジンガリウム鋼板は表面が石でコーティングざれているので、鋼板についている石がぽろぽろと落ちてくる可能性があります。

断熱性が低い
ジンガリウム鋼板の鋼板自体には断熱材がありませんので、断熱性がとても低くなっています。
鋼板に付いている石粒が断熱性や遮音性などの役割を担っています。
そのため断熱性が全くないという訳ではありませんが、断熱材が元々含まれている屋根材と比較すると断熱性は劣ってしまいます。

まとめ

今回はジンガリウム鋼板って何か、そしてメリットやデメリットについてお話してきました。
実際ジンガリウム鋼板とガルバリウム鋼板にさほどの差はありません。
メリットとしてはジンガリウム鋼板の方が多いです。

屋根のことでお悩みの方は
大津市の方以外でも街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181