オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方、屋根の塗装工事で影響がある要因について


578405_s
塗装工事では、塗料を塗って乾燥させることで薄い層が形成されます。
その層を何層にも重ねることで、強固な塗装が完成することになります。
塗装工事では、塗料をしっかり乾燥させることが重要となっており、耐用年数に影響することもあります。
ここでは、屋根の塗装工事で影響がある要因について紹介します。

屋根の塗装工事で影響がある要因について

屋根の塗装工事の行程の中にある乾燥は、建物を取り巻く環境によって大きく影響します。
乾燥に影響がある要因は、雨や結露、湿度、気温なので紹介します。
雨や結露は、塗った塗料が流れる上、乾燥しにくくなることになり、塗装工事に影響があります。
特に雨は塗装工事にとって大敵となります。
梅雨は雨が多く、屋根の塗り替えに向かない季節となっています。
建物の周辺が85%以上の湿度になると、塗料の乾燥に時間を要することになります。
しっかり乾燥しないまま重ね塗りが行われてしまうことで、塗料が剥離してしまうといった施工不良の要因になりかねないです。
湿度については塗料の説明書に書かれているので、しっかり守って塗る必要になります。
建物の周辺の気温が低くなると、湿度と同様に塗料の乾燥が十分に行われないまま重ね塗りされることがあります。
一般的には5℃以下になると、塗装は避けたほうがいいといわれています。
気温は湿度と同様に塗料の説明書に書かれているので、しっかり守って塗装する必要になります。

まとめ

紹介したように、屋根の塗装工事では、乾燥という工程があるので、建物が建ってる周辺の環境が大きく影響します。
塗った塗料が流れる上、乾燥しにくくなる雨や結露や、塗料の乾燥に時間を要する湿度や気温は屋根の塗装工事で影響がある要因なので注意が必要。
気温や湿度は塗料の説明書に書かれているので、しっかり守って塗る事が必要になります。

高島市以外の方でも、屋根の塗り替えを考えている方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181