オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方必見、断熱塗料と遮熱塗料


442602_s
塗料のカタログを見ていると断熱塗料と遮熱塗料といった言葉を見かけることがあります。 
断熱塗料と遮熱塗料の違いについてはあまり知られていないかもしれません。
ここでは断熱塗料と遮熱塗料について紹介します。

断熱塗料について

熱伝導という言葉をご存じでしょうか?
熱伝導は熱が高温から低温へ熱が伝わることです。
断熱塗料は、熱伝導を抑制する機能をもっています。
例えば、日光で熱せられた屋根の熱が、家の内部に伝わってしまい、温度が上昇してしまいます。

屋根に断熱塗料を塗る事で、屋根の熱伝導を抑えられます。
断熱塗料を使った家は、夏は室内の温度を上昇することを抑制したり、冬は暖かい空気も逃がさなかったりすることが可能で、快適な室内空間で過ごせるメリットがあります。

遮熱塗料について

遮熱塗料は熱を反射する特長があります。 
日光を浴び続ける屋根は、夏には表面温度が80℃近い温度になることがあります。
屋根に遮熱塗料を塗ることで、太陽の熱を反射できるので、表面の温度が上昇することを防げます。

遮熱塗料を塗った建物は、室内の温度が2℃程度降下するといわれています。
一方、冬、日光を浴びることで室温を上げたいと考えても、遮熱塗料を塗った建物は室内の温度が低くなってしまいます。

断熱塗料と遮熱塗料のどちらを選ぶ?

断熱塗料の場合は、季節に関わらず、年間を通じて快適な室内空間が得られるメリットが大きいです。
一方、冬、遮熱塗料は室温を上げたいと考えても、室内の温度が低くなるデメリットがあります。
どちらかというと断熱塗料がおすすめです。

まとめ

断熱塗料と遮熱塗料について紹介しました。
断熱塗料は、熱伝導を抑制する機能をもっており、季節に関わらず、年間を通じて快適な室内空間が得られるメリットがあります。
遮熱塗料は太陽の熱を反射できるので、温度が上昇することを防げます。

高島市以外の方でも塗料に興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181