オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の方必見です、広小舞とは?


広小舞
広小舞(ひろこまい)という聞き慣れない建材があることをご存じでしょうか?
広小舞は屋根を構成する建材ですが、重要な役割があるので紹介します

広小舞とはどんな建材なの?役割は?

広小舞は垂木の上に配置する木の板のことで、登りよどと称されることがあり、色々な役割があるので紹介します。 
細長い垂木は変形したり、凸凹したりすることがあるため、広小舞の役割りは、この凹凸を修正して軒先を揃えます。
野地板などの切り口からは雨水が浸透し易い傾向があるため、広小舞を取り付けることで雨水の浸透を防止する役割りがあります。 屋根の瓦は、重なりあって配置されており、角度が一定になっています。 

上から順に瓦を重ねて並べた場合、最後は重ねる瓦はないので、角度がつきません。 
そのため、広小舞を配置して厚みを持たせることで、最後の瓦の角度をつけます。 
経年劣化だったり、施工不良だったりすることが原因で、広小舞にメンテナンスが必要になります。
一方、屋根は下からの強風に弱いという特性があり、台風などの強風で屋根が煽られてしまい広小舞が損傷してしまうケースがあります。

広小舞の種類について

日本建築の住宅に配置されている広小舞は、表面を綺麗にして化粧材として使われています。
一方、広小舞に塗装を施してデザイン性や防水性を高める場合もあります。
塗装する以外に、広小舞を板金の板で覆うことで、デザイン性や防水性などを更に高めることが可能になります。

まとめ

広小舞は垂木の凹凸を修正して軒先を揃えたり、野地板などへ雨水を浸透することを防止したりする役割りがあります。
広小舞を配置して厚みを持たせることで、瓦の角度をつけることもできます。
また、塗装したり、板金の板で覆ったりすることでデザイン性や防水性を高めることもあります。
紹介したように広小舞には色々な役割があります。

草津市以外の方でも屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181