オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方必見、劣化したコロニアル屋根の塗り替え時期


2998554_s
コロニアル屋根の塗り替えにはお金がかかるので、タイミングを決めかねている方はいると思います。
一般的にコロニアル屋根は10年程度で塗り替えたほうがよいといわれていますが、実際は、建物の立地条件などで変わるので、傷み具合で決定したほうがいいでしょう。 
劣化したコロニアル屋根の塗り替え時期の見極め方を紹介します。

コロニアル屋根の劣化の進行について

コロニアル屋根の劣化は、直射日光をはじめ、風通り、湿気、屋根の勾配によって変わります。
一般的な劣化の進行は、まず、塗装の艶がなくなり、色が薄くなります。
次に、白い粉が付くチョーキング現象が発生します。

最後にコケやカビが発生した後に、屋根材に亀裂が入りボロボロになります。
チョーキング現象が発生すると屋根材を保護する塗装は機能しない状態なので、雨水などから屋根材を保護されていません。
コロニアル屋根は湿気や紫外線によって、劣化しやすい傾向にあります。

劣化したコロニアル屋根の塗り替え時期について

コロニアル屋根が塗装の艶がなくなり、色が薄くなった程度であれば、まだ塗り替えのタイミングといえない状態です。
チョーキング現象が発生したら、塗り替えを検討したほうがいいでしょう。

屋根材にコケやカビが発生したり、ひびが入りボロボロになってしまったりしたら、塗り替えより、カバー工法や葺き替えによって屋根材を新しくしたほうがいいです。

まとめ

一般的な劣化の進行は、塗装の艶がなくなり、色が薄くなった後、白い粉が付くチョーキング現象が発生します。
最後にコケやカビが発生した後に、屋根材に亀裂が入りボロボロになります。
チョーキング現象が発生したら、塗り替えを検討したほうがいいでしょう。 
屋根材にコケやカビが発生したり、ひびが入りボロボロになってしまったりしたら屋根材を新しくしたほうがいいです。

大津市以外の方でも、屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181