オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方必見、風災に対する屋根の耐性


近年風災による被害は甚大な物となってきており、人の命に危険を及ぼすまでになっています。
台風だけでも一年に何回も起こるので、強風による被害が人に及ぼす機会は一年に何十回とあります。

そこで風災に対する屋根の耐性についてお話していきます。
被害状況
屋根上の被害
被害状況
工場被害
被害アップ
被害状況
cyclone-2102397_1920-columns1
風災に対するそれぞれの屋根の耐性について

セメント瓦
瓦のメリットとして通気性に優れているという点が挙げられるのですが、裏を返せば風を通しやすいので風を含みやすいということになります。
なので風に対する耐性に関してはそこまで強いとは言えません。

コロニアル
平たい板が重なっているように見える屋根となっており、風に対する耐性はとても強いと言えます。
劣化もあまりなく、飛来物もないので風災に対して対策を練るのであればもってこいの屋根となっています。

板金屋根
板金屋根と言ってもガルバリウム鋼板やトタン屋根というように様々な種類が存在します。
板金屋根は基本的に1枚1枚を噛み合わせているので風への耐性はとても強いと言えます。
素材も金属が使われているので、飛来物に対しての耐性もあります。

防災瓦
防災瓦は名前からも分かるように防災のために造られた瓦となっています。
そのため防災瓦は台風や地震にはめっぽう強いです。
瓦同士がしっかりと噛みあっており、釘で固定されています。
費用は比較的に高いですが、しっかりと風災に対する耐性があるのでおすすめです。

風災に対しての何か対策を練りたいと思っている方は、屋根の性質をしっかりと理解した上で屋根を選ぶようにしましょう。

まとめ

今回は風災に対する屋根の耐性についてお話してきました。
風災に対する耐性が強いと言えるのはコロニアル・板金屋根・防災瓦となっています。
その中でも防災瓦は特に体制が強いと言えるので、風災に対しての対策を練りたいと考えている方にはおすすめとなっています。

大津市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181