オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方必見、ゲラバ・ドーマーとは


ゲラバについて

ゲラバとは切妻屋根や片流れ屋根などの外壁から出っ張っている屋根部分のうち、雨樋が付いていない側のことをゲラバと言います。
ゲラバの役割について

ゲラバには大きく分けて3つの役割が存在します。
日当たりの調整
ゲラバは日当たりの調整を行ってくれ、夏にはゲラバがないと窓ガラスなどに直射日光が当たってしまい、室内の温度がかなり高温になってしまいます。

雨水の吹き込みを抑制
通常の場合、ゲラバは外壁や窓の上に設置されています。
なので雨が降っている時などに屋根から水切りの役割を果たし、外壁への雨水が吹き込む危険性を防止してくれる役目があります。

外壁の紫外線劣化防止
ゲラバの役割3つ目は外壁の紫外線劣化防止です。
ゲラバがあることによって外壁上部から屋根が出っ張る形になるので、外壁が太陽光による紫外線の影響を受けにくくなります。
そのため紫外線による劣化の進行を遅らせることが可能となっています。

city-3632286_1920-1-columns1
ドーマーについて

ドーマーとは屋根から突き出している小さな三角屋根や片流れ屋根とその窓のことを言います。

ドーマーの役割について

通気性が良くなる
屋根中央部に窓があるわけですので、その窓を開けることによって部屋の通気性は格段と良くなります。

採光量が多くなる
屋根中央部に窓があるので、その窓から太陽光が差し込むことによって部屋に大量の光を確保することが可能となっています。

外観が向上する
屋根の上に小さな屋根を付けることになるので屋根の外観のボリュームは増大し、外観は圧倒的に向上します。
様式住宅に憧れている方は、ドーマーは欠かせない存在となっています。

まとめ

今回はゲラバとドーマーの役割についてお話してきました。
ゲラバは日当たりの調整を行ったり、雨水の吹込みを防止してくれ、ドーマーは通気性や採光量を確保してくれたりする役目があります。

屋根のことでお悩みの方は
大津市以外の方でも街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181