オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方へ、セメント瓦には塗装!塗装時期の紹介


セメント瓦はとても厚みがあって頑丈な屋根材となっていますが、とても水に弱い性質があり、防水塗装によるメンテナンスが必ず必要になってきます。

そんなセメント瓦は塗装が弱ってくると水をどんどん吸収するようになり、これが原因となって色々な劣化症状を引き起こすようになってしまいます。
そんなセメント瓦の塗装時期・選ぶ際のポイントについて紹介していきます。
セメント瓦
画像引用:日鉄鋼板株式会社
セメント瓦の塗装時期について

セメント瓦の最適な塗装時期に関しては、使用し始めてから約10年だと言われています。
最初の塗装の効果が切れてきて、劣化が進んできてしまうのが10年くらいだからです。
一度割れてしまったりすると補修を行うのがとても困難になってきてしまうので、遅くても15年のスパンでは塗装を行うようにしましょう。

塗料を選ぶ際のポイントについて

セメント瓦の塗料を選ぶ際のポイントとしては大きく分けて3つあります。

適用下地かどうかをしっかりとチェックする
セメント瓦の塗料を選ぶ際には塗料がセメント瓦適用の物かどうかしっかりとチェックするようにしましょう。

フッ素や無機の物を選ぶようにする
セメント瓦の塗装を行う際にはフッ素や無機塗料などの耐用年数がとても長い物を選ぶのがおすすめです。
フッ素や無機塗料に関しては耐用年数が長いので、長期的に考えると費用を抑えることが可能となっています。

耐用年数が短い物を選ぶと、塗装を行う回数が多くなるので、足場などを付けるのに毎回費用がかさんでしまいます。
そのため耐用年数の長い物を使うことで、足場代を浮かせることが出来るので長期的に見ると費用を抑えることが出来ます。

まとめ

今回はセメント瓦の塗装時期や塗料を選ぶ際のポイントについてお話してきました。
塗装の最適な時期に関しては約10年のスパンが最適となっていて、適用下地かどうか・フッ素や無機塗料を選ぶようにすることが塗料を選ぶ際のポイントです。

高島市以外の方でも屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181