オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の方へ、下屋とは?どの部分か紹介します


81910_s
下屋(げや)という言葉はご存知でしょうか? 
下屋は、屋根(母屋)より少し下げた位置に取り付けた屋根のことを示します。 
ここでは下屋のメリットやデメリットについて紹介します。
下屋全景
下屋部分完了確認
下屋

下屋の活用法とは?

例えば、下屋の下に縁側や物置を配置することで下屋の下にできた空間を有効活用できます。
更に下屋の下にできた空間は自転車置き場や洗濯物干し場としても活用できて重宝します。

下屋のメリットについて

下屋のメリットは雨風や日差しを防ぐことができることです。
室内と屋外の中間的な空間が下屋の下にできるため、自転車やバイクが雨に濡れる事が無くなります。
下屋の下であれば、レインコートを脱いでも体が濡れることがありません。
急な雨が降ってきても、下屋の下に洗濯物を干しておけば、濡れることがありません。

窓の近くに下屋を作れば、窓から雨や風が室内に入ってくることをある程度防ぐことができます。
下屋が日光を遮ってくれるので、夏場は、室内が涼しくなるメリットもあります。

下屋のデメリットについて

下屋は敷地境界線から超えてはならないので、必然的に居住空間は狭くなってしまうデメリットがあります。
下屋は屋根なので、屋根を1つ多く作るイメージなので、建築費は高くなるデメリットもあります。
下屋を取り付けることで、構造が複雑になり、雨漏りの心配があります。
ただ、雨仕舞をしっかり行えば、雨漏りが発生することはまずありません。

まとめ

下屋は、屋根(母屋)より少し下げた位置に取り付けた屋根のことで、下屋の下にできた空間は縁側や物置を配置して有効活用します。
下屋のメリットは雨風を防ぐことができるので、下屋の下の空間に置いた自転車やバイクが雨に濡れる事が無くなります。
下屋は敷地境界線から超えてはならないので、居住空間は狭くなってしまいます。
下屋を作ると建築費は高くなるデメリットはあります。  

草津市以外の方でも、下屋に興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181