オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ!!出窓の雨漏りリスクについて!!


9596ce86321c0bb7ab1d918ad9607e26
出窓は外観もおしゃれな上に、室内も奥行があるのでちょっとした小物を飾ったり
できるなどの理由でとても人気があります。
しかし外部には雨戸もないため、常に雨風にさらされている事から
意外と雨漏りの多い箇所になります。

窓部からの雨漏りの場合、外壁に何らかの不具合が出ている事がほとんどです。
今回は出窓のあ雨漏りリスクについて、ご紹介します。

出窓の種類

設置場所
出窓の種類
キッチン
・ハーフ出窓
・トップライト出窓
・角型出窓
・台形出窓
浴室
・ハーフ出窓
・トップライト出窓
・角型出窓
・台形出窓
和室
・角型出窓
・台形出窓
洋室
・トップライト出窓
・ボウウィンドウ
・三角出窓
・角型出窓
・台形出窓

それぞれの出窓の特徴

■トップライト出窓
出窓の屋根部分がガラスになっていて、採光がとれるのでキッチンや浴室、リビング(洋室)
などに設置することで部屋全体が明るくなります。

■ハーフ出窓
出窓の奥行部分が少ない出窓です。スペースが少ない場所に換気や採光目的で
取り入れる事が多いようです。張り出す部分が少ないので小物を置いたりする事は難しいです。

■角型出窓
出窓として張り出した部分が四角くなっているタイプです。
窓ガラスがそのまま外に突き出したような形になります。

■台形出窓
出窓として張り出した部分が台形になっているタイプです。
正面の大きな窓を引違いで開くタイプと正面は1枚のガラスで両袖のガラスを開閉するタイプがあります。

■三角出窓
出窓の掃き出し部分が三角形になっているタイプです。
小さなスペースに設置して採光や換気を行います。窓は片開きになっている物が多いです。

■ボウウィンドウ出窓
弓型出窓とも呼ばれ、半円形のアーチ型に張り出した出窓の事を言います。
ガラス面を3~6面など複数にすることでアーチ型を作ります。
ガラスの面数を増やすことで、よりなめらかなアーチになります。


出窓での雨漏りの原因は??

・外壁と出窓の間の隙間
出窓を設置している部分と外壁の間に少し隙間ができる事で雨漏りします。
最初はきちんと設置されていた出窓も、年数が経過する事でビスがゆるんでくるからです。

・出窓のシーリングの劣化
出窓の周囲にはシーリングと言ってゴム状のものでつないでいます。
出窓だけでなく、サッシや外壁のタイルなどにもシーリングは施されます。
シーリング材が劣化すると、ヒビ割れたり剥がれてしまったりする事により雨漏りに繋がります。

・外壁のヒビ割れ
出窓その物に問題がなくても、出窓を設置している外壁にヒビ割れが起こり雨漏りに
繋がる事もあります。外壁は年数が経過するにつれて劣化し、細かいヒビ割れを起こします。
定期的に点検しましょう。

・結露などによって建材が腐食
出窓は外に張り出しているため、そこに空気がたまり結露しやすくなります。
結露がひどくなると出窓周辺の壁を濡らす事になり、放置してしまうと
室内の壁にカビが生えてしまったり腐食する事もあります。

まとめ

今回は出窓について、特徴や雨漏りの原因などをご紹介しました。
出窓はオシャレですが、雨漏りのリスクは高いという事を覚えておきましょう。

大津市以外の皆さんも、屋根の事や窓の事などで
お悩みやご相談がある方、屋根工事をお考えの方は街の屋根やさんびわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。



信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181