オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方へ、のし瓦とは?役割や施工方法


3257030_s
のし瓦という言葉はあまり聞き慣れませんが、瓦屋根では重要なものです。 
瓦屋根を修理する際に、見積もりにのし瓦という名前が記載されていることがあるので役割りなどを紹介します。

のし瓦とはどんなもの?

短冊状になったのし瓦は、屋根の頂上(棟)に配置する瓦のことです。
瓦と瓦の継ぎ目から雨水が侵入することがあるため、のし瓦に漆喰等を塗り込みことで防水加工を施し、積み上げていきます。 

のし瓦を多く積み重ねる程、防水性を高めることができるといわれています。
のし瓦は厚のし瓦、大幅のし瓦、片台面のし瓦など30種類以上もありバリエーションに富んでいます。
のし瓦の高さや種類を変えることで、瓦屋根のイメージが変化します。

のし瓦の役割りについて

のし瓦には、屋根の頂点にある棟にかかった雨水を下の瓦に流す役割があります。
のし瓦は家の中でも最も目立つ場所にあるため、デザインも考慮されています。 
のし瓦を何枚も重ねれば重ねるほど見栄えが良くなり豪華ではありますが、風の影響を受けやすくなるので、高い技術が必要になります。

のし瓦の施工方法について

短冊形ののし瓦は中心に縦筋があるために、通常は割ってから施工します。
のし瓦が割れた状態で加工しようとすると、窯の中で焼きにくくなり、数も増えてしまい生産上は効率が悪いです。

のし瓦は焼き物なので、焼き上がると僅かですが誤差が発生します。
のし瓦を割る過程で、誤差を微妙に調整することができます。
のし瓦を割る事で、配置する際の幅を調整することができるので、安定させて積み重ねることができます。

のし瓦補修工事写真

のし瓦
のし瓦
棟積み直し開始
棟補修施工状況
隅棟解体
棟確認

まとめ

のし瓦の役割りや施工方法などを紹介しました。
のし瓦の役割りは、漆喰等を塗り込み積み上げていくことで、雨水の侵入を防ぎます。
のし瓦は家の中でも最も目立つ場所にあるため、デザインも考慮されています。
短冊形ののし瓦は割る事で、幅を調整することができるので、安定させて積み重ねることができます。
 
大津市以外の方でも、瓦屋根に興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181