オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方必見です、瓦屋根の葺き替えはどうやって行われるのか


3213435_s
瓦はまだまだ人気がある屋根材で、既存の瓦から新しい瓦に葺き替える方はいます。 
瓦の耐用年数は長いですが、その他の建材は傷みが早いので、瓦屋根の葺き替えを行う時期は必ずやってきます。
瓦屋根の葺き替えの手順を大まかに紹介します。
淡路瓦補修状況
瓦屋根葺き替え状況です!
桟瓦補修状況
平板瓦葺き完了
冠瓦設置
瓦差し替え
瓦撤去完了

ご挨拶を済ませて着工

屋根の葺き替えを始める前に、近隣の住宅へ挨拶した後に着工します。

足場架け&瓦を撤去

作業者や周辺の住宅の安全を確保するために足場とネットを配置します。
既存の瓦や漆喰を撤去しますが、土を敷きつめた上に瓦を乗せてある場合は合わせて撤去します。
土は250kg/1坪程度にもなることがあります。

下地の交換

野地板は傷みが出ている場合があり交換することが多いです。
野地板に痛みが少ない場合は補正します。

次にゴムアスファルト材でできたシートを貼り付けます。
このシートによって雨水の侵入を防止します。
次に、軽量化や耐久性を向上させるために瓦桟木を取り付けることが多いです。

瓦葺き

軽量瓦を使う場合は、釘などで固定して、ズレないようにします。
棟芯木をはじめ、棟瓦、役物などを取り付けます。
ステンレス製の受け金具を使うことで、耐久性が向上。

漆喰についてはシルガードと呼ばれる南蛮漆喰を使って、瓦を固定します。
シルガードは優れた耐久性や防水性を発揮する漆喰となっています。

まとめ

葺き替えを行う前に行う近隣の住宅への挨拶は重要だと考えられます。
瓦の撤去は大変ですが、慎重に行わなければなりません。 
瓦は進化しており、現在では軽いものが登場しているので住宅への負担も少なくなりました。 

高性能なシートもあるので、雨漏りの心配も少なくなりました。 
漆喰も瓦同様に進化しており、扱いやすく高性能なものを使うようにしています。 
瓦屋根はまだまだ人気があるで、スレートや金属の屋根にしない方もいます。

大津市以外の方でも、瓦屋根に興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181