オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

野洲市の方必見、アスベスト入りの屋根の危険性について


アスベストの危険性について

アスベスト材は極めて細かい繊維なので浮遊しやすくなっており、人間がそれを吸ってしまうと肺がんやアスベスト肺といった健康被害を及ぼします。
アスベストの毒性はアスベストの砕け散った粉末が体内に入ってしまうことによって発生します。
なので仮に屋根材や外壁といった部分にアスベストが使われていたとしてもアスベストがむき出しになって露出していなければ危険ではありません。

それともし建材が破損してしまい、アスベスト入りの断熱材が露出しているような場合は、危険です。
スレート屋根倉庫全景
写真は野洲市にあるアスベストを含んでいるスレート屋根です。
ビスで固定
倉庫内確認
スレート破損確認
アスベスト入りスレート屋根材のリフォーム時に注意するべきことについて

アスベスト入りのスレート屋根材のリフォーム時に注意するべきこととしては、解体作業時にアスベストが飛散してしまうのはもちろんなのですが、洗浄や補修を行うといった際にもアスベストが少しの量ではありますが飛散してしまう可能性があります。
特に補修でスレートの加工を行う際や塗装リフォームで塗装下地を作るために研磨する場合などは、アスベストが飛散してしまう可能性があるのでアスベスト処理をしっかりと行う必要があります。

そしてアスベスト入りの屋根材の除去を行う際に補助金が支給されることを知っていますか?
アスベスト入りの屋根材の除去を行う際には特別な技術が必要になってくるので、費用が高くなってしまいます。
そこで国や自治体からアスベスト入りの屋根材の除去を行う際には費用の一部を補助してくれる補助金の制度が用意されています。
補助金の制度があるおかげで自分で除去を行ってトラブルを起こすといったようなことが起こらないようになっています。

まとめ

今回はアスベスト入りの屋根って危険かどうか、そして注意点についてお話してきました。
アスベストの粉末が体内に入ってしまうと肺炎などの健康被害を及ぼすので、十分な注意が必要です。

屋根のことでお悩みの方は
野洲市以外の方でも街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181