オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方必見、屋根裏収納のメリットとデメリットについて


1ac334b2c59a5b538b2f983f0ebbc7c0_s
収納スペースがあまり確保できない住宅の場合、屋根裏収納を作ろうとする人がいます。
また、家具などを置くと、部屋が狭くなってしまうので、屋根裏収納が欲しいと考える人もいます。
屋根裏収納を配置する場合は、屋根裏をリフォームする必要があり、メリットとデメリットがあるので紹介します。

屋根裏のリフォームについて

断熱材や梁がある屋根裏を、収納スペースとしてそのまま使うことは好ましくないです。
屋根裏を屋根裏収納として活用する場合、リフォームすることをおすすめします。
リフォームは専門業者に依頼したほうが、安全な上、使い勝手良かったり、綺麗に仕上がったりします。

屋根裏収納のメリットについて

屋根裏収納には趣味で使う道具や服などを入れることができるので、部屋を広く使えるメリットがあります。 
クリスマスツリーなど季節に使うものを収納する人も多いです。

屋根裏収納のデメリットについて

屋根裏は、夏の時期は暑く、湿気もあるのでカビなどが発生することがあります。
湿気取りなどを配置することで、湿気を取り除く必要があります。
屋根裏収納にはハシゴを使って物を出し入れすることになるので、大きく重いものの出し入れは大変なことが多いです。

ハシゴを使うために、下の部屋にスペースを空けておかなければならないデメリットもあります。
屋根裏には高さに制限があるので、大人にとっては身動きしづらいといったデメリットがあります。
大人の人は屋根裏収納で頭をぶつけないようにすることが重要です。

まとめ

屋根裏収納のメリットとデメリットを紹介しました。
屋根裏収納があると部屋を広く使えるメリットがあります。
一方、屋根裏は、夏の時期は暑く、湿気があるので、カビなどが発生するデメリットがあります。
また、大きく重いものの出し入れは大変なことが多かったり、ハシゴを使うため下の部屋にスペースを空けておかなければならないデメリットもあります。 

高島市以外の方でも屋根裏収納に興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181