オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市の方必見です、パラペットとは?メリットやデメリット


絶縁シート貼り完了
防水シートの現状確認
立ち上がりブロック
塗膜防水
破損部分
9bdf40befda56aded47d3d00bffed831-2-columns3
完成
パラペットという聞き慣れない言葉をご存じでしょうか? 

パラペットは屋上や屋根、バルコニーの外周に設けられた淵のような低い壁です。 
ここではパラペットの役割りやメリット、デメリットについて紹介します。

パラペットはなんで設けられているの?

例えば、陸屋根の場合、雨によって屋根に溜まってしまった水は排水ドレンから樋へ流れていきます。
陸屋根にパラペットが設けられていないと、雨水が壁に流れてしまい雨漏りが発生する可能が高まってしまいます。
紹介したようにパラペットには陸屋根などで雨漏りを抑制する役割りがあります。

パラペットのメリットについて

パラペットにすると、シャープですっきりとしたキューブタイプの住宅できるメリットがあります。
壁と屋根の防水層にできる接点には笠木を使っているので、しっかり施工を行えば、防水性を高めることができます。

パラペットのデメリットについて

パラペットは笠木を使って防水性を高めている半面、通気性が悪くなり結露が発生しやすいデメリットがあります。
結露によって、カビなどが発生する恐れがあり、注意が必要です。 
一方、雨水を排水するためのドレン(排水口)が詰まってしまうと、雨漏りの原因になります。  

笠木の下にある防水層の施工をしっかり行わないと雨漏りの原因になることがあります。 
パラペットを使った陸屋根の場合、軒がありませんので、外壁が経年劣化すると、雨漏りが発生することがあります。 
紹介したようにパラペットを使った屋根は結露と雨漏りは要注意となっています。

まとめ

パラペットの役割りやメリット、デメリットについて紹介しました。
陸屋根のパラペットは雨水の排水に役立ち、雨漏りを抑制する役割りがあります。
パラペットにするとキューブタイプの住宅の屋根にできるメリットがあります。
パラペットのデメリットは、通気性が悪くなったり、施工不良によって雨漏りの原因になったりすることです。

大津市以外の方でも、陸屋根に興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181