オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

守山市の方へ、雨どいの塗り替えはなぜ行うのか説明します


f37eb90b15d078b3ca887f84a33b3662_s
屋根や外壁は定期的に塗り替えることはよく知られていますが、雨どいの塗り替えについてはあまり知られていません。
ここでは雨どいの塗り替えの目的や効果を紹介します。

雨どいを塗り替える目的は?

雨どいの耐用年数は通常20年前後、塗装は10年前後で剥がれたり、退色したりすることがあります。 
塗装が剥がれだすと外観の劣化が顕著になるので、美観を良くする目的で塗り替えを行うことが多いです。
屋根や外壁だけを塗り替えて綺麗にしたとしても、錆びついたり、変色したりした雨どいを放置し続ければ、家全体がなんとなく汚らしく見えることも確かです。 

雨どいの塗装剥がれを放置しておくと、穴開きをはじめ、劣化、変形、破損、金具の錆といった致命的な不具合が発生し、雨どいを交換しなければならなくなります。 
雨どいは色々な形状や素材があるので劣化の進行は異なりますが、多くの雨どいは塗り替えが必要な時期がきます。

雨どいの塗り替えの効果について

雨どいの塗り替えは美観を良くするだけではなく、劣化を遅らせるという効果もあります。 
雨が多い日本においては、雨どいにかかる負担は大きく、地域によってはかなり劣化が早い場合があります。
劣化した雨どいは、防水性や耐久性がある塗料で塗り替えることで、劣化の進行を遅らせる効果があります。 

また、雨どいは長く細いため、塗り替えることで屋根のイメージを変える効果もあります。 
外壁と同系色にすることで、落ち着いたイメージなったり、外装と異なる色にすることで、ワンポイントの差し色として、外装のイメージを変えたりできます。

まとめ

雨どいの塗装が剥がれだすと外観の劣化が顕著になるので、美観を良くする目的で塗り替えを行うことが多いです。  
雨どいの塗装剥がれを放置しておくと致命的な不具合が発生し、雨どいを交換しなければならなくなります。 
劣化した雨どいは、防水性や耐久性がある塗料で塗り替えることで、劣化の進行を遅らせる効果があります。 

守山市以外の方でも、雨どいに心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。 
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181