オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

栗東市にお住まいの方、並・緩勾配メリット・デメリットについて


並勾配のメリットについて

並勾配は多くの家庭に取り入れられている一般的な屋根勾配となっていて、屋根に雨水が溜まってしまう危険性を低下することが出来るので雨漏りが起こる可能性が低いです。
それに多くの方い愛用されているので、外観から不快感を与えてしまうことや目立ってしまうことなどがありません、
そのためデザイン性は高いと言えるでしょう。

並勾配のデメリットについて

並勾配だと特にデメリットと感じることがないので、一般家庭でも最も多く利用されています。
rain-432770_1920-columns1
緩勾配のメリットについて

緩勾配のメリットとして風の影響をあまり受けないということが挙げられます。
近年台風などが良く起こりますが、その際に風の影響をあまり受けないということは家を守るという面でとてもメリットになります。
それに風の影響を受けにくいとなると、屋根が剥がれにくくなるので修理費用などもかからなくなるためとても便利です。
さらに施工費まで抑えることが可能になっています
緩勾配だと屋根の面積がとても少ないので、施工する際にかかる費用も安価になってきます。

緩勾配のデメリットについて

緩勾配は勾配がとても低いので、ほこりやゴミなどが付いてしまった際になかなか下に落ちてくれません。
ゴミなどが落ちずにそこに雨が降ってしまうと、屋根の腐食の原因となってしまいます。
それに屋根が腐食することによって雨漏りがしやすくなってしまうというようなデメリットが挙げられます。


まとめ

今回は並勾配・緩勾配のメリット・デメリットについてお話してきました。
並勾配は多くの方に愛用されていて、雨漏りが起こる可能性が低く、デザイン性も高いと言えます。デメリットが存在しないのも大きなメリットと言えるでしょう。
緩勾配は風の影響をあまり受けないことや施工費がかからないといったことがメリットとして挙げられます。

屋根のことでお悩みの方は
栗東市の方以外、街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
全景
全景
西面の浮き部
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181