オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

野洲市の方へ、雨樋がオーバーフローしてしまう原因を説明


軒樋清掃
中のゴミが目立っている樋
樋破損確認
雨樋とは?

屋根に落ちてくる雨水は傾斜に沿って下に落ちていき、軒先から地面に落下するのですが、そうすると壁などが濡れてしまうので軒下で雨水を受けて排水口まで誘導してくれるのが雨樋となっています。
そんな雨樋がオーバーフローしてしまう原因とは一体何なのでしょうか?
drop-of-water-4262083_1920-1-columns1
雨樋がオーバーフローしてしまう原因について

1つ目の理由としては雨樋が詰まってしまうことが原因となっています。
雨樋の内部はとても狭く作られているのでゴミや落ち葉・埃などの廃棄物が溜まりやすくなっています。
少しずつゴミが溜まっていくことによって雨水の通り道がどんどん狭くなっていき、雨水が通れなくなっていってしまいます。
そうして雨水が通れなくなってしまった際に雨樋がオーバーフローしてしまうというわけです。

それに傾斜がゆがんでしまっている場合もオーバーフローしてしまう可能性があります。
雨樋の傾斜や縦樋と言われている部分にゆがみが生じてしまっていると、雨水を排水する際の妨げになってしまい、オーバーフローの原因となってしまいます。
雨樋の耐用年数は約20年~30年と言われていて、それを超越して使用していると経年劣化によってゆがんできてしまうこともあります。
強風や雪がたくさん降った際などにもゆがんでしまう可能性があるので、注意が必要になってきます。

そして台風などによって過剰な雨が降った際に雨樋の許容範囲を超えた場合、オーバーフローが起きてしまいます。

まとめ

今回は雨樋がオーバーフローしてしまう原因についてお話してきました。
雨樋がオーバーフローしてしまう原因としてゴミや落ち葉といったものが溜まってしまい雨水が通れなくなってしまうこと・傾斜がゆがんでしまうこと・台風などによって雨樋の許容範囲を超えた際などが挙げられます。

野洲市以外の方でも、屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
上から見た軒樋
軒樋着工前
樋の詰まり
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181