オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島にお住まいの方へ、塗料の希釈はどんなことをするのか紹介


painting-3414650_640-1
屋根や外壁の塗装で使われる塗料は缶などに入っています。 
缶から出した塗料をそのままローラーを使って塗ることはまずありません。
塗料は希釈材を混ぜて希釈するので紹介します。

塗料の希釈とは?どんな目的があるの?

塗料に水やシンナーなど希釈材を混ぜることを希釈といいます。
塗料を希釈する目的は、塗料の粘度を下げるためです。

塗料は原液のままだとかなり粘土が高くドロドロしているため、ハケやローラーで塗りづらいです。
原液の塗料をハケなどで無理に塗ろうとするとピンホールという小さな穴や塗りムラが発生してしまうことがあります。

一方、吹き付け塗装でも、塗料は希釈して使います。
吹き付け塗装ではスプレーガンを使いますが、原液のまま塗料をスプレーガンに入れて使うと、詰まってしまう可能性あります。

塗料の希釈率について

一般的に、水性塗料には水、油性塗料にはシンナーなどの希釈材を使います。
塗料に水や希釈材を混ぜる割合を希釈率といいます
希釈率は塗料によって異なるので、塗料の缶やメーカーのホームページに記載されています。

記載されてある希釈率にはある程度幅があり、温度や湿度、塗装面の状況によって変える必要があります。
例えば、希釈率は5〜10%といった数値で表記されています。
この希釈率から逸脱してしまうと塗料の耐用年数が短くなってしまったり、塗料の性能が発揮できなくなったりするので、注意が必要。

まとめ

塗料に水やシンナーなど希釈材を混ぜることを希釈といい、塗料の粘度を下げる目的があります。
ハケなどで原液の塗料を塗ろうとすると、ピンホールという小さな穴や塗りムラが発生してしまうことがあります。
希釈率にはある程度幅があり、温度や湿度、塗装面の状況によって変える必要があります。
ただ、希釈率から逸脱しないようにしなければなりません。  

高島市以外の方でも屋根の塗り替えに興味がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181