オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方に!屋根を塗装する方法、ローラー塗りと吹き付け塗装


ink-1602896_640-1
家を塗装する際は、ローラー塗りと吹き付け塗装といった方法があります。
ここでは、ローラー塗りと吹き付け塗装のメリットとデメリットを紹介します。

ローラー塗りとはどんな作業?メリットとデメリットは?

ローラー塗りとは円筒状のローラーを使って屋根や外壁に塗料を塗りつけていく方法です。 
ローラーは、毛足が長いものは凸凹が多い面、毛足が短いものは平らな面に使うと綺麗に仕上がります。
ローラー塗りのメリットは、塗装する際に塗料の飛び散りが少なく、周辺への影響が少ないことです。

また、ローラー塗りは手作業なので、塗料の厚みを簡単に調整できます。
一方、手作業で行うローラー塗りは、時間がかかるデメリットがあります。
そのため、工期が伸びたり、人件費がかさんだりすることがあります。
傷んだローラーを使い続けると、塗膜に気泡が入るようになり、仕上がりが悪くなるデメリットもあります。

吹き付け塗装とはどんな作業なの?メリットとデメリットは?

吹き付け塗装ではスプレーガンを使います。
塗料の供給法や噴出法の違いで色々なスプレーガンがあります。 
スプレーガンを使った吹き付け塗装はローラー塗りと比べて短時間に塗装が仕上がります。 
吹き付け塗装では、塗料を霧状にできるまで希釈するので、1回吹き付けただけでは、十分厚みがある塗膜を形成できないので手間がかかります。 

スプレーガンで塗料を噴射するので、想像以上に塗料が飛び散るので、ロスが多いです。 
また、飛び散った塗料が近隣の家に付着してしまうデメリットがあります。

まとめ

ローラー塗りは手作業なので、塗料の厚みを簡単に調整きます。
吹き付け塗装では、塗料を霧状にできるまで希釈するので、1回の吹き付けただけでは、十分厚みがある塗膜を形成できなません。

このようなことから、屋根の塗装ではローラー塗りで行われることが多いです。
吹き付け塗装で飛び散った塗料が近隣の家に付着してしまうデメリットは大きいです。
  
高島市以外の方でも、屋根の塗装で心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181