オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

高島市の方へ、タスペーサーで屋根の雨漏りを防ぎましょう


クールサーム塗装
タスペーサーはスレート屋根の塗り替えで雨漏りを防ぐ道具です。
タスペーサーをスレートの隙間に挿入することで、雨水がたまらなくなり、雨漏りを防ぎます。
ここでは、タスペーサーを使う事で得られるメリットやデメリットを紹介します。
タスペーサー
引用:株式会社MonotaRO

タスペーサーのメリットについて

タスペーサーには色々なメリットがあるので紹介します。
縁切りを行うとタスペーサーと同様に、雨水がたまらなくなり、雨漏りを防ぐことができます。
縁切りでは、塗り替えが終わった後に、カッターなどを使用して、塗料によって密着したスレートを剥がします。
気を付けて丁寧に縁切りを行いますが、スレートが破損したり、塗装が剥がれてしまったりすることがあります。
タスペーサーは、下塗りが終わった後、スレート同士の隙間に挿入するだけなので、屋根を傷めることはありません。
縁切りは塗装が終わった後、1~3日後実施することが多く、季節によっては塗料が乾き切っていないことがあります。
縁切りしたはずが、スレート同士がまた密着してしまう場合があります。
タスペーサーを使えばこのような再接着はありません。
屋根の塗り替え作業の中でも縁切りは大変で、慣れた作業員さんが2人で実施しても1日程度かかります。
一方、タスペーサーの配置は慣れた作業員さんが1人で実施して、約3~4時間で完了するので、工期や人件費が減らせるメリットがあります。

タスペーサーのデメリットについて

タスペーサーはスレート同士の隙間に挿入されているので、強風によって飛ばされる可能性は0%ではありません。
ただ、風速50(m/s)までタスペーサーが飛ばされることはないといわれているので、通常の強雨では飛ばされることはまずありません。

まとめ

タスペーサーのメリットは多く、塗装の剥がれを防止したり、スレートの再接着を防げたりする上、塗り替えに工期や人件費が減らせます。
デメリットは強風で飛ばされる可能はあることです。  

高島市以外の方でもスレート屋根に心配事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
漫画
タスペーサーに関して分りやすく漫画でまとめてみましたのでこちらも是非ご覧ください!
なかなか面白いですよ。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181