オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

彦根市の方へ、屋根材で使わるポリカーボネートの特徴とは?


4d96c2dce0611dab3396368847be4b8d_s
熱可塑性プラスチックの一種であるポリカーボネートは、ガラスと比較して250倍以上の耐衝撃性がある素晴らしい素材です。
ポリカーボネートはカーポートやテラス、ベランダの屋根材として使用されることがあります。
ポリカーボネート屋根の特徴を紹介します。

ポリカーボネート屋根は割れづらい

屋根材には割れづらく、頑丈な素材がよく使われます。
ハンマーで叩いても割れないポリカーボネートは高強度な素材です。
ポリカーボネートの強度はアクリルと比較して30倍、塩化ビニルと比較して20倍もの強度を誇りします。
ポリカーボネートはプラスチック素材の中でも、特に頑丈な素材です。

光線透過率が高いポリカーボネート

ポリカーボネートの中には、ガラス並みに光線透過率が高いものがあります。
光線透過率が高いことで、屋根の下が明るく保つことができます。
また、技術が向上したので、より長くポリカーボネートの透明性が続くようになりました。

ポリカーボネートは紫外線を遮り自己消化性がある

ポリカーボネートが紫外線を遮ってくれることで、屋根の下にある自動車の塗装に発生する色褪せや屋根の下の温度変化を抑制してくれます。
一方、プラスチックの一種であるポリカーボネートは、燃えやすいのではないか?というイメージがありますが、自己消化性があるので安心です。
自己消化性があると、炎が当たっている時は燃焼しますが、炎を離せば火が消えるといった性質になります。

ポリカーボネートは軽い

ポリカーボネートは施工が簡単な上、軽いので建物への負担が少ないというメリットがあります。
同じ厚さであれば、ポリカーボネートの重さはガラスの1/2といわれています

まとめ

ポリカーボネートは、塩化ビニルと比べて20倍もの強度があり、ガラス並みに光線透過率が高いです。
紫外線を遮ってくれる上、自己消化性も備わっています。
ポリカーボネートはガラスの1/2の重さでとても軽いです。

ポリカーボネートの屋根に興味がある事がある方は、街の屋根やさん びわ湖大橋店までお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたは電話でお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181