オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草津市の方へ、折板屋根の塗装時期や劣化症状について


折板屋根の塗装時期について

適切な時期で塗装を行うようにしないと耐用年数が短くなってしまうので、しっかりと把握しておきましょう。
折板屋根の塗装の目安としては約15年という期間が挙げられます。
金属の屋根なので屋根自体が水を吸い込むことはありませんが、水に当たっているとサビが発生してしまいます。

すが15年というのはあくまで目安となっていて、屋根材の種類によってはもっと早く劣化してしまう場合もあります。
なので劣化症状に合わせてメンテナンスを行うことが最も重要になってきます。
roof-coating-2846279_1920-2-columns1
折板屋根の劣化症状について

メンテナンスが必要になってくる折板屋根の劣化症状についてお話ししていきます。

赤サビ
折板屋根はガルバリウム鋼板で出来ている場合がとても多いです。
ガルバリウム鋼板は耐久性はとても高いですが、経年劣化によって赤サビが出てきてしまいます。

白サビ
折板屋根は経年劣化によって白サビが出てくることもあります。
雨などが長期間に渡って当たり続けると腐食から屋根を守るために白サビが発生します。
白サビが発生してしまっているということは表面のコーティングが劣化しているサインなので塗装を行う必要があります。

穴あき
サビが付着してしまっているのにも関わらず、放置してしまうと穴が開いてしまう可能性もあります。
穴が開いてしまっている箇所が1,2箇所だけであれば、補修を行うことができますが、複数開いてしまっていると交換せざるおえなくなってしまうので注意が必要になってきます。

まとめ

今回は折板屋根の塗装時期や劣化症状についてお話ししてきました。
折板屋根の塗装時期に関しては約15年が目安と言われています。
ですがあくまで目安となっているので、赤サビや白サビが出てきてしまった場合には塗装を行う時期だという認識を持っていましょう。

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181