オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

栗東市の方へ、縁切りが不要な屋根と役割について


縁切りとは?・役割について

縁切りとはスレート屋根を塗装した後に屋根同士がくっついてしまった場所を剥がして隙間を作る作業のことです。

新築時にはスレート同士の重なり合っている部分には水が通れる程度の隙間があるので、雨が降ってもその水を下にどんどん流してくれます。
ですが塗装を行うことによってこの隙間が塗料で完全に埋まってしまいます。
そうなってしまうと水が下に抜けていかなくなってしまいます。

排水することができなくなってしまうと、屋根に染みができてしまい、次第には雨漏りの原因となってしまいます。
そのためスレート屋根の方は、必ず縁切りを行う必要があります。


metal-2673999_1920-columns1
縁切りが不要な屋根について

スレート屋根の場合には基本的に縁切りが必要になってきますが、不要な場合もあります。

急勾配な屋根
5寸勾配以上の屋根の場合は縁切りが不要になってきます。
急勾配だと傾斜があるので、水はけがとてもよく、塗料も溜まりにくいので雨漏りの心配がありません。

経年劣化により反っている屋根
スレート屋根は経年劣化をすることによって、先端が反り上がってくることがあります。
反ってしまって隙間ができてしまっている場合には、縁切りは不要となってきます。
隙間があれば塗料が詰まってしまう可能性もないからです。
屋根の反りに関しては日当たりの良い面に起こりやすいので、頭に入れておくと作業を行うときに役立ちます。

まとめ

今回は縁切りが不要な屋根とは、そして役割についてお話ししてきました。
縁切りはスレート屋根を塗装した後に屋根同士がくっついてしまった場所を剥がして隙間を作る作業のことを指しています。
縁切りが不要になってくる屋根はスレート屋根の中でも急勾配な屋根の場合か、経年劣化によって反ってしまっていて隙間ができてしまっている屋根の場合は縁切りを行う必要はありません。

屋根のことでお悩みの方は
街の屋根やさん びわ湖大橋店にお気軽にご相談ください。
お問い合わせはメールまたはお電話にてお待ちしています。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならびわ湖大橋店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-661-181